永井美里 (Nagai Minori)

神奈川県横浜市出身。
6歳よりバレエを始める。2003年に英国ミドルセックス大学ダンス学部に入学し、コンテンポラリーダンスを学ぶ。在学中にスキナー・リリーシング、コンタクト・インプロビゼーションの影響を受け、からだの探求を軸に、ダンサー/振付家として活動を始める。

2006年に卒業し帰国後、劇場外での公演に取り組むAAPAの活動に参加し、様々な場所で踊る経験を積む。力をぬくことで生まれる柔らかさ、からだのつくり/法則から生まれる自然な流れのなかでのダンスを探求している。

現在は講師としても活動し、AAPAが運営する「日の出町団地スタジオ」(北千住) でのクラスのほか、Dansage(四ツ谷三丁目)や Ballet du Ciel(田町)など、東京・神奈川を中心に、大人から子どもまで幅広い世代にダンスを教えている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

AAPA

となりとのちがい 2018

▶ AAPA『となりとのちがい』2018上演記録: 【vol.4】4/28~30@松戸、【vol.5】5/18~20@北千住 https://tonaritonochigai.tumblr.com/
6つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。