見出し画像

魅惑のサン・ダニエーレ産生ハム

<イタリア旅行記(2008年夏・ヴェネト&ドロミテ&トリエステ)no.91>

可愛らしい街・ムッジャ(Muggia)から、船で、トリエステ(Trieste)に戻ってきました。

ウニタ・ディタリア広場(Piazza di Unita d'Italua)では、
この夜に開催の、自転車パフォーマンス・フェスタ(Festa di bicicletta)の
準備がされ、かなり様変わりしていました。
選手も、練習しています。
ジャンプ!!

トリエステ滞在最終日。
さて、夜は、何を食べようかと、まずは、スーパーに足を運びます。

今回の滞在中、イタリアも、異常な暑さが続きました。
ミネラルウォーターも、売れに売れていましたよ。

迷った挙句、どうしても食べておきたかった食材を満喫すること。

サン・ダニエーレ産の生ハム(Prosciutto di San Daniele)です。

フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州(Friuli-Venezia-Giulia)の中央部・ウディーネ(Udine)よりも、北に位置する町サン・ダニエーレの名産品

生ハムと聞くと、イタリア中部のパルマ(Parma)産の生ハムがありますが、サン・ダニエーレ産も有名です。

パルマ産は、どちらかというと、やや塩味が強く、
サン・ダニエーレ産は、甘みが強いのが特徴です。

本当は、足を延ばしたかったのですが、日程的に難しくて…。
今回は、トリエステの肉屋さんでたっぷり100g、そしてビールを購入。
ホテルの部屋で、翌日の移動の荷造りをしながら食べることにしました。

生ハム好きには、堪らなく、これだけでも、大満足。
次回は、ぜひ、サン・ダニエーレまで足を運びたいなと思いながら、
甘くて、うま味たっぷりのハムを楽しみました。

さあ、異国情緒溢れるトリエステ滞在も終わり。
明日は、この旅の最終地ロミオとジュリエットの街・ヴェローナ(Verona)へ向かいます!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie !感激です!✨
7

食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

イタリア郷土料理研究・レシピ作家。 大好きなイタリア全20州を巡った旅行記、アルベロの活動、美味しい情報を記録として綴っていきます。 アルベロレシピ集マガジンも作成予定です。 料理教室のお申込、仕事依頼等はこちらから → http://albero-cooking.com/

イタリア旅行記(北部)

ヴァッレ・ダオスタ州、ピエモンテ州、ロンバルディア州、ヴェネト州、リグーリア州、トレンティーノ・アルト・アディジェ州、フリウリ=ヴェネッツィア・ジューリア州、エミリア=ロマーニャ州。  現地を歩いて、見て、食べて。  レストラン&ホテル&お薦めスポット記事のみ有料です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。