トリエステ

サン・ジュストの丘と坂

イタリア北部東端のトリエステという街に行ったときのこと。
 立地は長崎と似ていて、奥まった港街は山に囲まれたすり鉢型だ。街の中心部から背後の丘のほうを見上げると、ホテルや背の高い建物の合間から緑の丘を背景に教会が覗く。
 
 広場の近くでブリオッシュとエスプレッソの朝食を摂ったあと、時折雨のぱらつく街をぶらぶら歩いた。てっぺんに城砦の見える丘は結構高く、前夜の夜更かしに疲れていたので登らずにぐるり

もっとみる

サンマル◯?

ポストカードの下に書かれているのは "Trieste"。

街の名前かな・・・と思いつつメッセージ面の上に書いてある文章を翻訳すると ↓

Trieste (collezione dr. Mario Froglia, Trieste).
トリエステ(collezione博士。マリオフロリア、トリエステ)。

どうやらイタリアのトリエステという街の昔の風景を描いたポストカードのようです。

でも、

もっとみる

記念すべき(?)第一弾~トリエステ~

こんにちは、SKRです。

サッカーに次ぐ趣味を挙げるとしたら、旅行が該当する筆者は高校時代に世界史を専攻していたこともあり(英語の次に得意だった)、多少の知識はあると自負しています(当時のままであれば...)。世界史での知識も駆使しつつその街、フットボールについてつらつらと自己満で書いていきます。

まずは、今回ノートを始めるきっかけとなったイタリア北東部の街、トリエステ(Trieste)から書

もっとみる

魅惑のサン・ダニエーレ産生ハム

<イタリア旅行記(2008年夏・ヴェネト&ドロミテ&トリエステ)no.91>

可愛らしい街・ムッジャ(Muggia)から、船で、トリエステ(Trieste)に戻ってきました。

ウニタ・ディタリア広場(Piazza di Unita d'Italua)では、
この夜に開催の、自転車パフォーマンス・フェスタ(Festa di bicicletta)の
準備がされ、かなり様変わりしていました。
選手

もっとみる

トリエステのお菓子☆プレスニッツ

<イタリア旅行記(2008年夏・ヴェネト&ドロミテ&トリエステ)no.90>

プレスニッツ(Presnitz)。
フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州(Friuli Venezia Giulia)の港町・
トリエステ(Trieste)の銘菓です。

有名なお店は、老舗のカッフェのひとつ、カッフェ・ピローナ(Caffe` Pirona)。

残念ながら、2017年に閉店。
現在も、再開していないそ

もっとみる

ムッジャの魚市場

<イタリア旅行記(2008年夏・ヴェネト&ドロミテ&トリエステ)no.86>

イタリア最北東部にあるフリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州(Friuli-Venezia-Giulia)。
その州内で、スロヴェニア(Slovenia)に一番近い海岸沿いの町のひとつ・ムッジャ(Muggia)。

中心地は、1時間もあれば見て回れるほどの大きさ。
ゆったりと時間が流れていて、とても、心地良い街です。

もっとみる

国境沿いの町・ムッジャへ

<イタリア旅行記(2008年夏・ヴェネト&ドロミテ&トリエステ)no.85>

トリエステ滞在3日目。
ホテルの方から勧めて頂いた国境沿いの小さな町・ムッジャ(Muggia)へ。

トリエステからは、船で30分程。
早速、船が出ているフェリー・ターミナルへ向かいました。
夏場は、この場所から、ヴェネツィア(Venezia)、グラード(Grado)への船も出ています。
さあ、乗船して、出発です!

もっとみる

アクイレイアのモザイク画

<イタリア旅行記(2008年夏・ヴェネト&ドロミテ&トリエステ)no.84>

グラード(Grado)から、バスで10分程。
アクイレイア(Aquileia)に到着です。

ここバス停? と言うような場所で降車するので、心配な方は、バスの運転手さんに「アクイレイアに着いたら教えて下さい」と、伝えておくと安心です。

この町で、どうしても見ておきたかったのが、こちら!
アクイレイア大聖堂(Basil

もっとみる

トリエステ湾のリゾート地・グラード

<イタリア旅行記(2008年夏・ヴェネト&ドロミテ&トリエステ)no.83>

ウディーネ(Udine)から、列車に乗って、1時間ほど。
次の目的地は、アクイレイア(Aquileia)。
絶対に、見ておきたい教会があるんです。

ただ、この周辺情報は少なく、イタリアで見つけたガイドブックを頼りに、
列車の最寄駅・チェルヴィニャーノ・アクイレイア・グラード駅(Cervignaino-Aquileia

もっとみる

イリー・コレクション

<イタリア旅行記(2008年夏・ヴェネト&ドロミテ&トリエステ)no.81>

トリエステ(trieste)が、イリー( illy Caffe` )の本拠地と聞いて、
「illy」という文字を探しながらの街散策。

ありました!ありました!
イリー直営のバールはもちろん、イリー商品、カップを売っているお店。
教室用に、早速、いくつか素敵なカップを購入です。

「イリー・コレクション(illy co

もっとみる