終わらない

二十四時五十三分はじめからやり直すなら今がその時

羊的呪文唱えて眠るから耳に栓して背を向けていて

暗闇で失ったもの反芻しシナナイようにワタシを削る

死んだのに終わらないから虚しくてパルム五ダース一緒に食べよ

夜明け前みたいな青に染まったら眠れるんだよ蜂蜜ミルク

今日を乗り越えても瓶の底にあるジャムはすくえず透明な碧

乗り越える力はないし乗り越えたところで穴に落ちていくだけ

虚しさで濡れる窓には鮫がいて僕だけなぜか喰べてくれない

#短歌 #tanka #短歌連作

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

不定期に短歌や散文を投稿しています。

上を向く下は向かない横向きのままの私の決意は固い
4

穴井秋乃

#秋乃短歌

短歌、まとめました。

コメント1件

7を引く10001からずっと引く羊よりかは眠れる処方
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。