見出し画像

いつでもどこでも、パン屋さん

もうこれはクセのようなもので、山旅に行くときは、ふもとの町や登山口の近くにパン屋がないか探してしまう。そしてなぜでしょう、山の近くには、おいしいパン屋さんが必ずあります。

中川村にも、ありました!地元の人から愛されて、遠方からもファンが訪ねてくる魅力的なパン屋さんが。

① 山のパン屋さん

中川村に到着したその日、「山のパン屋さん」という看板が目に飛び込んできて、これは行きたい!と思い、おじゃましました▲

アルプスの山並みを見渡せる場所に建つお店は、ここにオープンして11年目。山小屋のような建物の扉を開けると、明るい店内には焼きたてのパンや、リンゴジャム(オーナーさんの弟さんが営む果樹園で作ったもの)、季節の野菜(この日は、とうもろこしが1本100円!)などが並んでいます。

「自分で食べて、おいしいと思うものだけを、並べています!」

そう話してくれたオーナーさんと、パンが大好きだという姪っ子さんの2人でお店を切り盛りしているそう。つぶあんぱん、クリームパン、ブラウンブレッドなど、さまざまな種類のパンが並ぶなか、いちばん人気のパンは、オリジナル商品の「大納言」(1,100円)!

ずっしりと重たい筒状のパンをスライスすると、ふっくらとした小豆の入ったふわふわの生地が。その味は、小豆と生地の甘さが丁度いいバランスで美味!このおいしさに魅了されて、遠方からわざわざ買いに来るお客さまも多いそう。小豆と抹茶があるほか、4月限定のサクラマーブル味も登場予定。

「"こんな味があったらいいな"という、お客さまの要望を取り入れつつ、2人で試行錯誤しながら、新しいパンも作っています。なによりお客さまに"おいしい"と言ってもらえることが、うれしいですから!」

山のパン屋さん
長野県中川村葛島1957-1
TEL.090-4153-8083
営業時間:10:00~(売り切れ次第終了)
定休日:火・水

②暮らし工房 こねり

天竜川や伊那谷の地形が見下ろせる場所に建つ、一軒の古民家。築100年以上というこのお店で、整体と週に1回(木曜日/土曜日は不定期)こだわりの自家製酵母パンを販売している「こねり」さん。

パンが並べられているガラス棚をはじめ、店内に置かれるテーブルやイス、小物などの古道具は、オーナー夫婦が好きで集めたもの。

「古いものに自分たちのエッセンスを加えて、新しいものにするのが好きで。この建物を見つけたのは6年前です。そこからじっくりと時間をかけて、日当たりが良くて、風通しの良い家、"みんなが集めれる場所"に改装していきました」

奥さまが作るこだわりのパンは、人参、りんご、山芋、ごはんをミックスした酵母を、毎回ミキサーにかけることで、すっぱさがなく、味わい深くなるという。チョコぱん、メイプルピーナッツバター、甘夏ピールのパンなど、10種類ほどの魅力的なパンが並ぶなか、とくに人気なのは、ごはんパーニュ(ホール 1,100円、1/2 550円、1/4 300円)。食事に合わせて、オリーブオイルと塩で食べたり、蒸してももっちりとしておいしいそう!

店内には、整体師のご主人が作るカトラリー販売もあります(ワークショップの開催もあり)。

暮らし工房 こねり
中川村片桐5095
TEL.090-5618-0271
営業時間:10:30~17:30頃
営業日:木曜日、土曜日(不定期)

「山のパン屋さん」と「暮らし工房 こねり」のパンを、朝食・昼食(ときには夕食も!)食べる毎日です^^


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

安仁屋円香|あにやまどか

アウトドア誌『ランドネ』編集部員。日本の山の風景を好きになり12年。少しずつ海外の山歩きもスタート。好きな場所は尾瀬。https://www.instagram.com/aniyama_doka/

ランドネ編集部員の「日々アウトドア」

アウトドアを愛するランドネ編集部員が日々感じていること、考えていることをお届けします。

コメント1件

どちらのパン屋さんも大好きです♡
こねりさんは子供も遊ぶスペースがありのんびりと過ごさせてもらいました!雰囲気といい素敵ですよね!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。