蛇口

喪女らしい妄想小説書いて喜んでます

ペンフレンド

今どき珍しく、 私にはペンフレンドがいた。顔は分からない。声も知らない。ペンフレンドといえば聞こえはいいけれど、ネットで出来た友人とそう変わらない。ただ、私のペンフレンドはとても字が綺麗だった。更に、文体からも優しさがにじみ出ていた。悩みも、考えもすべて話してしまいたくなるような(実際、かなり話していた)雰囲気を持った文章を書く人だった。すごく素敵で、会いたいと何度も思ったけれど彼は私に会うことを

もっとみる

先生その背中についてるの……

そんなに驚かないで。君だって同じものを持っているんですよ。

そうなんですか?

はい、これはみんな持っているのです。ただ表面に現れるか現れないかというだけです。先生は忘れ物を取りに行ってきます。

はあ、わかりました。それではまた。

さようなら

運動ができない(というかやらない)人に贈る

運動ができない人というのは、いつの時も一定数いるものですが、私は最近「運動神経の悪さを根気でカバーできる人もいる」のではないかと思っております。

幼い頃、といっても小学校時代ですが私は運動神経や動きがとても悪かったです。のろまで、学校でスキーに行った時に1人だけスキー板が付けられずに泣いたこともありました。マラソン大会では毎回したから数えて10番以内、縄跳び大会は前跳び20回もいかずリタイア

もっとみる

語尾に、知らんけどをつけると便利です

こんにちは。黄色い蛇口です。

今考えたのですが、私には苦手なものが三つあります。友達の友達、自分に似ている人、夜のしまむらです。

友達の友達は嫌いです。自分の友達と仲良くしている、それだけで腹が立ちませんか?早い話、嫉妬ですね。嫉妬しない人間というのはあまりいません。みんな何かしらで嫉妬します。私は友達の友達に嫉妬します。やめていただきたく思ってしまいます。友達の友達が嫌いな理由はもう一つあっ

もっとみる

じゃがりこが教えてくれた大切なこと

とてつもなく久しぶりにじゃがりこを食べました。別にそんなにじゃがりこを好きだと思ったことはなかったのだけれど、久しぶりに食べるとそのあまりの美味具合に卒倒しそうなほどでした。じゃがりこもそうですけど、大概久しぶりに食べるととても美味しく感じますよね。

余談ですが、なにかの種類の食べ物を、久しぶりに食べて美味しくてガツガツ食べているところをうちの祖母に見られるともう終わりです。しばらくそれを私のた

もっとみる