【5300年保存可能?】ミイラの防腐剤クッキーのレシピ(BBCニュースより)

こんにちは、世界初お菓子テックカンパニーCEOの柴田アリサです。

わたしの中であつい、こちらの記事。イギリスBBCで取り上げられた世紀の大発見!

古代エジプトのミイラ作り、防腐剤の「レシピ」が明らかに=英研究


これによると、ミイラの防腐剤のレシピは

植物性油:おそらくゴマ→ごま油
植物か根からの「バルサム(樹脂の一種)のような」抽出液:ガマ属の植物
由来とみられる→殺菌効果のある精油(食用は手に入りにくいので、殺菌効果の強いタイムのドライハーブで代用)
植物性ののり:アカシアから抽出されたとみられる糖→アカシアの蜂蜜
針葉樹の樹脂:おそらく松ヤニ→普通に松ヤニ


あら、おいしそう。

なので、
このレシピをベースにクッキーをつくってみたいと思います。
ミイラの防腐剤入りなので、5300年保存可能かもしれません。(自己責任)
保存の大敵であるバクテリアが発生しがちな、乳製品や卵類は、今回は入れないで作ります。健康面を考えて、グルテンフリーにしてみました。さらに、おいしさを追求してアーモンドプードルもいれちゃいます。

ミイラの防腐剤クッキーのレシピ
米粉 45g
アカシアの蜂蜜 25ml
太白ごま油 30ml
片栗粉 5g
アーモンドプードル 5g
抗菌作用のあるハーブパウダー(タイム) 少し
松ヤニ 少し(庭からとってきた)

まず、大きなボールに米粉と片栗粉とアーモンドプードルを加えて軽く混ぜます。

別の小さなボールに、防腐剤の材料(アカシアの蜂蜜 太白ごま油 ラベンダー精油 松ヤニ)を加えて、よく混ぜ合わせます。

こちらが、ミイラの防腐剤の材料です。並べてみると普通です。

松ヤニが混ざりにくいので、少し温めながら混ぜるといいかもしれません。写真の松ヤニは、温めたり、少しアルコールを加えたりして、使いやすいように伸ばしました。
それか、蜂蜜とネリネリしてから、残りの材料と合わせた方が、混ざりやすい気がします。

何やら、効きそうな雰囲気の色合いです!!

こもう一個のボールの粉を混ぜたやつに、この防腐剤を流し込みます。

よくこねます。

めん棒で伸ばし、型抜きをします。




170度に予熱したオーブンで10分焼いて、完成です。



松ヤニの味が少ししますが、普通に美味しい。甘さが少なかったので、増やしてもいいかもしれません。ハーブの香りが、新しい感じ。白い砂糖をいれてないので、低GI値でもあります。グルテンフリーだし、ダイエット中の方にも!

一応、バクテリアが繁殖しにくい作りですが、米粉やアーモンドプードルが入っているので、一般家庭では、お早めにお召し上がりください。

実家がエジプトの王家とかで、防腐剤や乾燥ノウハウをお持ちのようでしたら、5300年くらい保管してみるのも、面白いかもしれません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、レシピ開発のためのお菓子の材料や、医学科学関連の文献を購入するのに役立てます!

スキ、ありがとうございます。食べ物のどんなところに興味がありますか?
23

柴田アリサ

#フード 記事まとめ

レシピやグルメ情報、料理や食文化に関する考察など、食にまつわる記事をまとめていきます。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。