見出し画像

「リトアニアの旅の追憶」ジョナス・メカスの映像を顧みる

個人映像(実験映画)の名作を顧みる。
「リトアニアの旅の追憶」 ジョナス・メカス監督 87min US 1950-1972撮影
1949年、故郷リトアニアからナチスに追われアメリカに亡命したジョナス・メカス。
言葉も通じないブルックリンで1台の16mmムービーカメラを手にしたメカスは日々の生活を日記のように撮り始める。

27年ぶりに訪れた故郷リトアニアでの母、友人たちとの再開。メカスはそれらのすべてをみずみずしい映像と言葉で1つの作品にまとめ上げた。この感動的な映像叙情詩は、メカス自身の代表作であるばかりでなく、アメリカ・インデペンデント映画の不朽の名作として広く愛されて続けている。

*ジョナス・メカス(Jonas Mekas 1922 - 2019)
1922年、リトアニア生。
アメリカを代表とするインデペンデント映画作家、詩人。
個人映画のバイブルと言われる「メカスの映画日記」は著名。
ハリウッド系の映画と、視点を変えた実験的な映像を1950年代から、マンハッタンを中心に展開した。



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
31

artoday - asano chiaki

#film, #photography, #installation, #scripts, & #art #theory,, #pickup of art of interest. アート・デザインへの思いつきのコメント、ランダムな自分の作品とランダムな情報の覚書。

イメージと文化 - 覚書

イメージ・コンテンツを制作する事は、視覚を通過して、人の心に問いかけることが一番のポイントだ。 人の心に問いかける事は、感性の同一性を得るということで、国境、時間という領域を超えて、大きな心の支えになる。それは、忘れ去られて、しまいそうな小さな表象も、人の受け取り方によって...
2つ のマガジンに含まれています

コメント2件

artodayさん遅くに🙇御免なさいこの映画を休みの日に楽しみに
見させて頂きます、私も映画は大好きですが、artoday さんの解説は
解りやすく楽しみです。いつも見させて頂き有難うございます
su7zu8me6さま いつもコメントありがとうございます。稚拙なものですが、どうぞ、よろしくお願い致します。
それから、先日から思っていたのですが、Anna Pugh というイギリスの画家がいやっしゃるのですが、su7zu8me6さまの絵画と共通点があるような気が致します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。