kino

週末ジェンダーコラムニスト。女子校育ち、ジェンダー専攻、失恋番長。物理的にも概念的にも頭でっかち。生理前には怪物になる。将来の夢はふつうのおばあちゃん。

1-9

出かけている時だけではなく、部屋でただなんのことはない時間を過ごすあいだも、彼はわたしの写真を撮っていた。 歯みがきしているわたし、彼のデスクの椅子にどっかり座...

1-8

寝る前にわたしが彼の執拗に唇をはむのを、菅元さんはよくわらった。菅元さんは口を開くとまんまるのふといゴム輪みたいなくちをしていてかわいかった。 すべてに思い入れ...

1-7

菅元さんとはよく気が合った。 彼は大雑把に見えてこまやかなところがあり、よく気がついた。 わたしはこれまでコミュニティに馴染めたことがなかった。なにかに強い感情...

1-6

休職前、ノベルティ制作で時折来訪する業者の菅元さんがなにかと気にかけてくれた。彼は体格がよく、健全でよく笑う人だった。酒に強く、金にも律儀な人だった。 菅元さん...

1-5

「ピアス、すごいね」 「まあね。一応それも生業にしてるから」 「え?」 「男性用のアクセサリー売ってんの。フェイクタトゥーとかそういうのも扱ってる下北の店なんだけ...

1-4

「同窓会前に0次会でもしようよ」 六郎と会うのはかれこれ十年ぶり、顔さえ予想もできなかった。 ファミレスの奥の席に座っていた六郎は、見違えるほど変わっていた。 六...