「余裕」から品が生まれる。

今の社会で、一番足りないもの。それは余裕だろう。

時間の余裕がないから。。。お金の余裕がないから。。。心の余裕がないから。。。健康の余裕がないから。。。

その余裕さえあれば、こんなにギスギスした社会にはなっていない。よく品が良いとか、品格があるという表現をするが、それは何かに対して余裕があるから生まれる状態だ。

時間に急かされることがないから、じっくりと愛でることができる。お金にセコセコしないから、良いものやいい仕事に対価を喜んで払う。心に余裕があるから、人に対して敬意を払うことができる。健康に余裕があるから、日々を楽しむことができる。

どの時代では、すべての人に余裕があったわけではない。だからこそ、どの時代でも品がある人、品格がある人が憧れの対象となってきた。それは今も昔も変わらない。

品がある人=余裕がある状態になれる方法は、世界中から求められている。マインドフルネスとして瞑想が受け入れられるのも、コンマリメソッドとして"Spark joy"が受け入れられるのも、余裕がある状態を作る手法だからだ。そして、マインドフルネスを取り入れる人も、コンマリメソッドを取り入れている人も「品のある人」として見られている。

余裕がない現代社会だけれども、我々が暮らしているのは、品のある人が尊敬される素晴らしい社会だとも捉えられる。だとしたら、少なくとも自分は精神的に品のある人でいることを目指していきたい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます^_^
24
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。