娘の1歳の誕生日。母1年目を終えて。

娘が先日、1歳の誕生日を迎えた。
月並みだけど、振り返ると本当にあっという間だった。
産後数か月は結構精神的に大変で、これがずっと続くなんて考えられない...と思ったものの(それについて書いた記事はこちら)、今となっては、これと同じ1年を20回繰り返したらもう娘は20歳になることに驚く。

娘の成長

この1年で娘ができるようになったことは無数にあるが、ここ1、2週間のフィジカル面での成長は特に目覚ましかった。

・何にもつかまらずに立ちあがることができる
・立った状態で30秒くらいはキープできる
・ソファによじ登れる
・よじ登ったあと、足から降りることを教えたら2、3回でできるようになる
・手先が器用になって、細かいものをつかんだり、ボトルのキャップなどをしめる

自己主張もつよくなって、思い通りにいかなかったりすると怒ったり、泣いて髪の毛を引っ張ってきたりする...!(困る)
睡眠は相変わらず18時ころから朝5時~6時頃までよく寝て、お昼寝もたっぷり3時間。(晩酌の時間がしっかりとれて助かる)
食欲は旺盛なんてものではなくて、そのへんのOLなんかよりよっぽど食べる。好き嫌いも今のところはないので、モリモリたべて、大きくなってほしい。(今は73センチ、8.3キロ。離乳食がもうすぐ終わるのでうれしい...!)

母への理解と共感

この1年、今までの人生で、知らなかった感情を娘がたくさん教えてくれたなあと感じる。こんなにも可愛い、いとおしいという感情はもったことがなかったと思うし、もし失ったら、ということを考えると本当に涙がでてくるぐらいこわい、という感情も初めて味わった。

これは同時に、両親も同じような気持ちだったんだろうなあ、という感情も抱かせる。子どもを産んだら両親に感謝の気持ちが生まれる、とよく言われる。わたしは、子どもを勝手につくったのは親だと思っているので、別に感謝をする必要はないと思っているのだけど笑(娘にも感謝される必要はない)、ただ、こういう気持ちだったんだろうなあ、という共感のような気持ちをもつ。

大学生のころ、1年近くバックパッカーでアジアや中東、アフリカを巡っていたのだけど、その頃親との連絡といえばPCで1週間に1、2回メールを送る程度だった。たまに2週間くらい連絡が途絶えたこともあったと思う。

日本でも、遊んでいて帰りの電車やバスがなくなれば、ヒッチハイクして帰ったり、友だちの家に泊まって数日帰らなかったことも多々あった。

だいぶ自由奔放に生きていたので、親もあきらめていたと思うが、こんなことされたら心配でたまったもんじゃないな...と思う。反省。

↑イエメンで撮った私。ヒジャブ暑かったな...。

上記のような思考の結果、親にかなり優しくできるようになったと思う。
もともと、私は母との関係が難しく、母のことを、滅多に怒ることのない私をイライラさせる天才だと思っていた。笑
月に1、2回は実家に帰るし、LINEでほぼ毎日のように連絡はとっているのだけど、その3分の1ぐらいは喧嘩(というか私が一方的に怒る)してしまう。
もういい大人なんだし、母もただの1人の人間なのだから、そんなに怒らなくても...と思うのだが、なぜか私の怒りのポイントに触れられてしまい、カーッとなってしまう。

誤解のないように伝えると、私の母は結構めんどくさい。結婚前はかなりプレッシャーをかけられたし、結婚してからも、仕事をやめて家庭を守るべき、みたいな考えを私だけでなく夫に伝えたり、子どもはまだなのか、みたいなことを言ったりする。
子どもがうまれたらうまれたで、おっぱい足りてないんじゃないの?とか、私が仕事を再開することに対して娘がかわいそう、と言ってきたりする。
別に他人に言われたら受け流せるような言葉も、どうしても母に言われると頭に血が上ってしまう...。

母に優しくできるようになったと書いたが、別に怒ることはそんなに減ってはいないし、自分は娘には決してそんなことは言うまい、という思いは強まるばかり。
けれども、母もただの1人の女性として私と同じように悩んだり迷ったりしながら私に良かれと思って伝えてるんだなあ、とは、去年よりは少し思うようになれた気がする。

それでも、私の育児に対して意見されるとまたイラっとしてしまうんだけど...。

世間に対する見方の変化

全く子どもがすきではなかったけど、よそ様の子どももめちゃくちゃかわいく思えるようになった。赤ちゃんだけではなく、なんと中高生ぐらいまでかわいい。ああ、自分の子がこのぐらいのときはこんな風かなあ、とか、その子の赤ちゃんのころから育った過程を勝手に想像して、性別まで違う男子中高生ですらかわいいのだ。

そこから派生して、世の中の子どもから中高生、お母さんや妊婦さんなど、いろいろな人にやさしい気持ちをもてるようになった。その人の背景を以前より勝手に、ふかく想像できるようになったからだ。以前は他人に対して割と冷たい人間だったと思うので、かなり大きな変化だ。

この1年をあと20回繰り返したら、娘は20歳になる。そのとき私は、あっという間!と思うかな。それともやっと...と思うかな。
きっとこの1年みたいに、毎年毎年たくさんの変化と成長を娘は私に与えてくれるんだろう。それはきっと大変なことだけど、進むしかない...!ハッピーな家庭をエンジョイしながらつくっていこう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お花の勉強代として使わせていただきます。 コツコツ勉強して、アウトプットしていければと思いますので、サポートしていただけるとうれしいです。

ありがとうございます!
45

子育て、産前産後、夫婦関係、日々について

2017.8に出産した娘のこと。子育てのことなど。
2つのマガジンに含まれています

コメント1件

お洒落な家族でいいなと思いました。私のお母さんもおばぁちゃんとよく喧嘩します。お母さんは私が起きる時間には起きなくて、私が自分で朝ごはんを食べて学校に行くときに起こしてあげると、「莉亜さんすご〜い!いってらっしゃ〜い!」とゴロゴロ転がりながらいうような変なお母さんですが、そんなお母さんでも私は今、普通に健康で学校も楽しく通えているのできっと大丈夫だと思います。子育て支援をするお母さんはあまり子育てをしません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。