やさしい玉ねぎの皮

2歳の娘はお手伝いがすき。(今のところ)

玉ねぎの皮むき担当だ。

実をいうと、私がむいた方が効率がいい。
時間がかかっても、1分あればむけるから。

けれど娘にむいてもらうと、10倍の時間がかかる。いや、20倍はかかる。

小さい手先を器用に使い、一生懸命むいてくれるのだけど。

途中で玉ねぎの汁がついた手で目を触ってしまったり、硬い皮に悪戦苦闘したりと時間がかかるのだ。

「今日は時間がないからお手伝いは大丈夫」

玉ねぎの皮むきを断った夜。
少し悲しそうな表情を浮かべた。

夕飯を食べ終え、(なんだか静かに遊んでいるなあ)と思いながら食器を洗う。

それでもやっぱり静かなので、娘の姿を確認して洗濯物と風呂掃除を済ませた。30分くらい経っていたかな?

風呂掃除が終わると、すりガラスのドアの向こうで娘が立っていた。

皮がむけてツルツルになった玉ねぎを3つ抱えて。

「ママ、むいたよ」

薄皮が残る部分もあったけれど、先取りでお手伝いをしてくれていたのだ。

(ってことは、明日も玉ねぎ使わなくちゃ)

玉ねぎ料理の献立を考えながら娘の頭を撫でた。「ありがとう」

床にはやさしい玉ねぎの皮が、たくさん散らばっている。

#日記 #育児 #子育て

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

そんなこともあったっけ

フリーライターがなんでもない話をつぶやくマガジン。有益な情報はありません!息抜き日記🍎
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。