2018/05/29 OUT en IN

大阪の應典院というお寺のロゴマーク。ou-ten-inをout 円相 in とデザインし、應典院という場所がもつ意味・可能性を表現している。このロゴを見たときの感動たるや。

僕が住職として預かる奈良の安養寺のロゴマーク。AN-YOU-JI とデザインし、同じく安養寺という場所が持つ意味・可能性を表現している。細かいところに阿弥陀仏や極楽浄土の様相、法味をにじませているがお気づきいただけるだろうか。

「外」と「中」、「出る」と「入る」、「あなた」と「わたし」、「こちら」と「あちら」・・・。お寺という空間はさまざまなものを「相対的」「客観的」に見る機会を提供する場所になれる、という側面もあるのかもしれない。実際のところ「絶対的」かつ「主観的」に運営されている弊害ばかりに世間の目はいっているわけだが。

oculus Go とZOZOSUITが同じタイミングで届いた。装着してみるとプロダクトの完成度、現時点でできていること、これから改善されていくこと、いろいろ感じるところがあったが、同時に装着するとまた味わい深い。

様々なご縁のなかで人間界をさまよう僕たちはこれからどんな未来を過ごすことになるのだろう。そのひとつが自分の内側、自分のことを知る、探索するインナーサーチ。すでにDNA検査も体験済みだが、科学的に自分を知ることはずいぶんとリーズナブルに出来るようになった。自分を知ろうとするひとたちにとって、宗教が貢献できることはたくさんあるはずだ。

ZOZOSUITのようなデバイスからデータを発信し、oculus GO のようなデバイスでアウトプットを受信する。人はこれからどこに向かうだろう。

子どもたちは父親の突然の進化を「ガラピコ」ならぬ「パパピコ」として楽しんでくれているようだ。

ゴムを引っ張らないでください(笑)
水玉を押さないでください(笑)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

如是我聞(坊さんが経をこいた)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。