パナソニックの2019年3月期通期決算(2018年Q4決算)を読む~たぶん日本一わかりにくい決算報告書

今回はパナソニックの2019年3月期通期決算(2018年Q4決算)についてみていきます。


パナソニックに関しては、もはや説明不要でしょう。

日本を代表する家電メーカーであり、近年では自動車分野、産業分野にも事業領域を展開している日本の電機を代表する企業のひとつであります。


しかし、日本国内では圧倒的なブランド力を誇るパナソニックですが、こと経営という点からみると、いろいろと問題を孕んでいることがわかります。

今回はパナソニックの業績をセグメント別にひとつひとつ見ていきながら、そのあたりの説明をしていきたいと思います。


まずはいつものように、お手元にパナソニックのサイトから以下の決算資料を落としてきてご用意ください。

今回は以下のものを中心にみていきます。


2018年度決算概要

2018年度 年間決算補⾜資料 [IFRS](連結)

連結及び単独決算概要

※なお、以下に載せる画像の多くは特別な表記がないかぎり同社の決算資料より引用しております。


パナソニック 2019年3月期通期決算(2018年Q4決算) 概略


パナソニックの2018年Q4決算は上記のようになりました。

売上高は0.3%増、営業利益は8.1%増となっています。

四半期ごとの業績推移でみると以下のようになります。


この続きをみるには

この続き:3,929文字/画像10枚

パナソニックの2019年3月期通期決算(2018年Q4決算)を読む~たぶん日本一わかりにくい決算報告書

chusotu0721

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

chusotu0721

twitter: @chu_sotu blog: https://chu-sotu.net/ なお、記事内容などに関する質問・連絡などは記事コメント欄にお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。