中国鉱工業生産2019年5月分を読む

今回は中国の鉱工業生産をみていきます。

中国は近年、GDPに占めるサービス業の比率がようやく50%を突破しましたが、日本やアメリカなどの先進国と異なり、未だに製造業依存度の高い経済となっています。

特に輸出主導型の経済構造になっており、このことから鉱工業生産の統計的重要性は非常に高いものとなっています。

今回は最新の統計数字とともに、これまでの長期トレンドについてもグラフで観ながら、個人的な見解を述べさせていただきたいと思います。

グラフの枚数が多いですがご了承ください。


なお、中分類によるグラフとともに、近年注目を浴びているリチウムイオンバッテリーや自動車産業の付加価値生産動向なども見ていこうと思います。

まずは全体像から見ていきます。



中国鉱工業生産指数 グラフ 1998年~


この続きをみるには

この続き:6,930文字/画像51枚

中国鉱工業生産2019年5月分を読む

chusotu0721

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

chusotu0721

twitter: @chu_sotu blog: https://chu-sotu.net/ なお、記事内容などに関する質問・連絡などは記事コメント欄にお願いします。

コメント1件

わしわ統計好きやで
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。