本のまとめ 「政治学」第4章②

本の内容を少しずつまとめていきます。
「政治学」(著:久米郁男ほか 出版:有斐閣)

福祉国家化の進展
一体、どのような理由で福祉国家は生まれていくのだろう。
それを明らかにしようとした分析(ウィーレンスキー,1975)によると、福祉の進展度合いは経済の発展水準である、ということです。
経済成長が進むにつれ、どのような国も似た様な体制に収斂されていく、とするものですが、このことは政治学者には不評で

もっとみる

毎日マーケティング新聞 2019/07/19

見出しを一覧で見て、貴方のお仕事や興味関心に引っかかったものだけでも覗いてみてください♪ ビジネスのヒントになれば幸いです!

★トレンド★

イーロン・マスクのNeuralinkは来年から人間の脳とのより高速な入出力を始める
https://jp.techcrunch.com/2019/07/18/2019-07-16-elon-musks-neuralink-looks-to-begin-ou

もっとみる

第12回 洞察・予測・最適化〜AI開発で同様のところと違うところ

AI開発ではどうなのか

前章ではアウトカムと解析単位というリサーチデザインの基本をもとに、「何に活かしていいかわからない」という状況で、どう考えればよいかということを説明してきました。

データ分析のような定量的な研究は、「何かと何かの違いを生んでいる原因がどこにあるかを考える」ために行なわれます。したがって「購買金額の高い顧客とそうでない顧客の違い」のように、アウトカムがよい状態の解析単位と、

もっとみる

性生活の日本と世界の格差

日本人の皆さんは、おそらく驚くと思うのですが、1年間のセックスの回数の世界平均は、

103回

つまり、3.5日に1回するのが平均ということになります。生理の日にはしないとすれば、3日1回するというのが実情に近いかもしれません。

多くないです?

もちろん、もっとも警戒したい数値「平均」なので、その数値を鵜呑みにもできませんが、それにしても高い。いや多い。とわたしは感じました。

もとにしてい

もっとみる

ここがヘンだよ?日本の撮影業界 2/3

世界の撮影業界は、日本と何が違うのか?

ビッグマック指数の応用版として「撮影アシスタント」のギャラ単価から算出される「1stAC指数」をもとに、世界各国と日本の“撮影業界”の違いに関して、データを紐解いていきたいと思います。

新基準「CD指数」での統計

統計を出すにあたり、これまで指数のサンプルとしていた「1stAC」に関して、日本と海外では1stAC が担う役割が異なる、という点を前の記事

もっとみる

毎日マーケティング新聞 2019/07/18

見出しを一覧で見て、貴方のお仕事や興味関心に引っかかったものだけでも覗いてみてください♪ ビジネスのヒントになれば幸いです!

★トレンド★

奈良のとんかつ店が始めた「自己否定型CSR」は、企業が社会的責任を果たすための新たなヒントになるか? http://www.shigotoba.net/business_frontline_1906_naranotonkatsuten.html

【201

もっとみる

毎日マーケティング新聞 2019/07/17

見出しを一覧で見て、貴方のお仕事や興味関心に引っかかったものだけでも覗いてみてください♪ ビジネスのヒントになれば幸いです!

★トレンド★

One Mediaが総額4.2億円の資金調達を実施 クリエイターネットワーク事業を開始 第一弾プロジェクト「One By One」発表
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000029334.html

もっとみる

資格マニアな「統計検定3級」編

統計調査士に続き、高校は理系なのに「統計」を頭から勉強しなおすつもりで。先日、Web合格発表を見たら「あら?」合格してる!ということで、さっそくnoteに記録を残しておきます。

きっかけ

統計検定自体は、3級は高校数学の復習なのかな?と思ってたんですが、大学ではちょっと統計が苦手になり頓挫していた学問の一つ。pythonを勉強して機械学習とか、データ分析をやり始めると、結局この辺の概念が出てく

もっとみる

中国貿易統計2019年6月を読む

今回は昨日発表されたばかりの中国の2019年6月貿易統計をみていきます。

中国の統計はとかく嘘が多いと言われますが、貿易統計だけは相手国との辻褄があわないといけませんから、嘘をつけません。

そんなわけで、中国の統計の中では極めて信頼性の高い統計となっています。

また、速報性が高いことも重要なポイントです。

そんな中国の貿易統計を今回は見ていきます。

とりあえず、概況をみていきましょう。

もっとみる

数字で愛を語る「ファクトフルネス」の誕生秘話~ #Factfullness の作者と学ぶ「仕事は世界の現実を知る習慣からはじめよう」 #ファクトを活かそう @factfulness @nikkei_jisedai @nikkei_young @NikkeiBP_books

ただの統計の本だと思っていました。もう一度しっかり読み直します。

 日本でも電子書籍を含めると40万部売れたベストセラーの「FACTFULNESS(ファクトフルネス)」。共著者の1人であるアンナ・ロスリング・ロランドさんの来日講演がありました。スケッチノートにまとめましたので共有します。

主催者あいさつ

講演

Q&A(2019/07/15追加)

関連ブログ等

好奇心を持つと心がワクワク

もっとみる