Facebookが企業アカウントのリーチを下げると発表。メディアや企業広報にとっては悲報か?



Facebookが、友人や家族の投稿を優先してフィードに流す…


"Facebook、友人家族の投稿を増やし、ニュースや企業コンテンツを減らす方向性を発表"
http://thebridge.jp/2018/01/facebook_newsfeed


このニュースを見て「うわああああマジかあぁぁぁ……!!!!」と落胆したメディア運営者さんや、広報担当者さんは多いはず。

流入元としてFacebookを重要視しているメディアは数多あるし、そもそもWebサイトを持たずに「Facebookだけ」で完結させているタイプのメディアもある。そういった会社にとってはかなりショッキングなニュースだと思う。

昨年、トゥギャッター公式がTwitterにログインが出来なくなり、数日間サービスを停止させてしまっていたけど……


"Togetter凍結から凍結解除までの経緯と原因をまとめました"
https://togetter.com/li/1181790


大きなプラットフォームありきのサービスやメディアは、大規模なユーザーを相手にしているから流行りやすい一方で、こういう仕様変更に振り回されてしまう点ではやっぱりリスキー。

(Twitterがモーメント機能を流行らせたいから、それに似たサービスであるトゥギャッターを止めていた…だなんて意見もあるけど、さすがにそこまでえげつない事はしないんじゃないかなぁ、と思いたい)


そして今回の、Facebookの仕様変更。Web担当者やメディア関係者からは、やっぱり阿鼻叫喚の声が聞こえてくる訳です……。

ただ、ザッカーバーグさん何を今更……というくらいに、これまでも、企業・公式アカウントの投稿は極端にリーチが低かったんですよね。本当に。

Facebookを開けば、友人や同僚の結婚、出産、退職、転職、独立、子どもの成長、新年の抱負が続々と飛び込んでくるけど、自分が「いいね!」を押したはずのページの投稿は滅多に出て来ない。メディアも、アーティストも、自治体も。ほとんど出て来ないです。


私が「いいね!」を押したことがあるページの一部。いやぁ、タイムラインで見かけないなぁ……。


リアルな人間関係を重要視するのがFacebookで、そこに企業「公式」投稿が割り込みすぎてはユーザーが離れちゃう。ユーザーを惹きつけて離さないのは最先端のブランドからの情報よりも、好きな人の動向だからね……という、ユーザーファーストの考え方をされているFacebookさん。

そもそも、「大学内の可愛い女の子と遊びたい!」という欲望から生まれたサービスですし、原点回帰でもある訳です。(とはいえ、日本の高校生や大学生で日常的にFacebookを使っている人をもう滅多に見かけないけど……)


そんな中、どーーーーしても企業が投稿のリーチを伸ばしたければ、広告として課金をしてくださいね〜……というのがFacebookさんのスタンスだと思う。(それは無料提供のサービス構造上、非常にまっとうな課金モデル!)

もしくは、これくらいアイデアフルな動画であれば、Facebook上でもかなりバズる。

(note、Facebookの投稿が埋め込みできない……?ので、キャプチャで失礼します…詳しくは以下のリンクから飛んでください…)
https://www.facebook.com/NissanJP/videos/1060992250587621/

この動画広告は、最初「日産のCMです」という雰囲気を隠して、まるで友人の投稿かのように偽装しているのが強い。Facebook友人コスプレ動画広告です。

「最初に出てくるこのサラリーマン、同級生だったかな?」
というくらいに友達にいそうな雰囲気ですしね……。ちなみに、動く椅子動画のクレジットはこちらの記事にあります。
http://hrnabi.com/2016/06/09/11223/


そもそも、Facebookで動画を直接投稿すると、非常にリーチが高くなるので、動画プロモーションをするときにFacebookファーストにする企業は急増していますよね。逆に、YouTubeやVimeoのURLをFacebookでポストしても、かなりリーチは下げられちゃう気がするのですが……。(Facebookさんのいじわるっ……)

- - - - - - - - - - - -
(注)月額マガジン「記憶に残る、Webメディアの作り方」を今から購読スタートしていただいても、こちらのように先月以前に出された過去記事は読むことができません。単品のみでの販売となります。マガジンでは、今月以降に公開された記事をまとめて読むことができます。(/注)
- - - - - - - - - - - -


なかなか広告を広めたい、商品を広めたい、という人にはシブい現場となりつつあるFacebook。

ただ私は、今回のニュースを見て


「おぉ、やった……!!」と思っちゃったのです。

2017年12月の、milieuの主な流入元はこんな感じ。

この続きをみるには

この続き:3,563文字/画像1枚
記事を購入する

Facebookが企業アカウントのリーチを下げると発表。メディアや企業広報にとっては悲報か?

塩谷舞(mai shiotani)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、文化的投資に使いたいと思います!

TwitterとInstagramは @ciotan です
110

ちゃんと記憶に残る、インターネットの使い方(塩谷舞)

milieu編集長の塩谷舞(@ciotan)による、SNSの運営方法、インフルエンサーとの付き合い方、これからの時代の広告、Webメディア運営や記事の執筆・編集について考えるマガジンです。 バズるだけではなく、どうすれば読む人の心に残る記事になるのか?milieuでの実践...
2つのマガジンに含まれています

コメント7件

私は運営しているサイトが、医療系ブログだったので昨年末のGoogleさんの変更でアクセスが激減しました。しかしnoteにも収益があるので、慌てませんでした。今年からLINE@も開始してみました。個人でも間口を広く持てば何とかなるかなと思う今日この頃。
サービスに依存するのは危険です。その上で、サービスを楽しく使いこなすのは重要だなぁと。いつもより反響をいただいて、書いてよかったー!と思っております。ありがとうございます!
「プラットフォームそのものの機能」と「その上で構築されうる個人が楽しむサービス」と「企業のサービスや利害やもろもろにそれらの環境を利用すること」のバランスが大事だなと改めて感じました。私の周りの比較的年配の「SNS素人」が、やっとこさフェースブック等を利用し出したというのが実感なので、「個人の発信 >>>企業の発信」を維持しながらも、公共財としてのインターネットが健全な発展をしてほしいです。
記事読ませていただきました。考えてみれば、snsというツールを手に入れたことによって、
すでに、個人が個人にとどまることができなくなっているのかもしれませんね。
そのスピード感が早いからこそ、価値があり、発言が大きな影響力を持つ。
自分が関わっている企業広報においても無視することはできないなと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。