デザイナーになった理由。

「なんでデザイナーなったんですか?」と学生からもよく質問がある。

中学生のころは、美容師になりたかった。(当時カリスマ美容師がブームだったり)その後、保育士にもなりたいと思っていた。(音楽が苦手で、ピアノが弾けないのでなんとなく断念)

高校3年生、野球部最後の夏が終わり、なんとなく参加した体験授業がデザイン系の専門学校だった。

参加した理由も明確にあったような、なかったような。絵描くの好きだなー。学校の旅行のしおりの表紙とかよく描いてたなー。ぐらい。

小さなころは悟空めっちゃ描いてたけど、体(ポーズ)とかめっちゃ苦手。ぐらい。

学校で体験した「Macでデザインすること」が楽しく、そのまま週4日ぐらい参加した。描くこと、つくること、それが好きで、これが仕事になったらいいなと考えていた。(と思う)

そこから気付けば17年。ここ数年でやっとこさ気づいたのだが、昔から「考えること、企てること」が好きだった。

学校の文化祭は企画から関わり、野球部の朝練をサボって製作してたり、友達の誕生日会では目隠しして連れ去ったり、彼女へのサプライズなんかもいつも張り切るタイプ。

23歳の頃、はじめての結婚式の余興なんかも仕事以上に仕事してた。(企画、構成、絵コンテ、日程調整、撮影、編集、ナレーション…)

もちろん、つくることも好きなのだが、その手前のことがすごく楽しかった。デザインしているという意識なんてなかったけど、振り返ればそんな人生だった。

そして、いつも誰かのために、ということがそこにはあった。

それに気づいた時、なんだかすごく目の前が明るくなった気がした。悩んでいた時期でもないのだけど、なんだか気持ちがスッキリして、それまで以上にデザインが楽しくなってきたことを覚えている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

18

和田武大

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。