Shibakawaの楽天イーグルス観戦記〔2017前半戦〕

68
ノート

今年も“東北”に恋したい! 【Shibakawaの楽天イーグルス観戦記2018前半戦】ご案内

「今年も野球、東北に恋したい!」

(※このページは2018年2月24日に更新されました)
(※このページは投げ銭制です)

「今年は闘将に捧げる弔い合戦。僕たちファンも今以上に熱く応援したい」

「観る野球から考える野球へ。まるでノムさんの講義のような試合評を楽しみたい」

この記事は、そんな東北楽天ゴールデンイーグルスファンの方に向けて書いてます。

こんにちは。
ぼくは@eagleshiba

もっとみる

【まとめ】 1選手400字で振り返る、首位戦線を戦った楽天選手の2017前半戦

主力選手ごとに前半戦を総括する寸評を書いていきます。

1選手400字です。
文字数制限あると、当然、泣く泣く触れることができない部分もでてきますが、制限あったほうがダラダラ書かずに、書きやすくなるため。

オールスターブレイク中、どこまでできるか、何人できるか全く不透明。
完全な見切り発車、数人で終わる可能性もありありですが、とりあえず、書き上げた段階でアップしていきたいと思います。

なお、各

もっとみる

【試合評】メキシコの怪人、一世一代の大仕事!~7月8日○楽天4-2西武

相手のミスを突破口に十亀、シュリッターを攻略

負けないホークスの後ろをピタリ追走するためにも、イーグルスも負けるわけにはいかなかった。

1時間早く試合が始まっていたソフトバンクはこの日も序盤からリード。
初回に柳田の先制23号2ランで主導権を握り、先行逃げ切り5-2で日本ハムを降していた。

1時間遅れで始まったライオンズ11回戦。
先発・美馬が試合を作るなか、楽天が2回に2点を先制する。

もっとみる

【試合評】池山の「頑迷さ」と細川の「配球ミス」が招いた首位転落~7月7日●楽天0-5西武

変える必要のない打順をいじくり、今季2度目の零敗で首位陥落

9試合ぶりの「2番・ペゲーロ、3番・ウィーラー、4番・アマダー」のスタメンオーダーだった。

ここに及んでまだなおも、なぜこの打順にこだわり続けるか?
試合前にスタメンを確認したとき、ぼくは立ちくらみがする思いだった。

アマダーに4番は不向きであることは明らかなのだ。
中南米出身者にしては珍しく、内向的すぎるアマダーの性格から考えれば

もっとみる

【試合評】島内3安打、銀次4安打。左打者が魅せたFantasic Show!~7月5日○楽天6-2ロッテ

なおも続くホークスとのつばぜり合い

9回にウィーラーの17号2ラン、適時暴投で合計3点を上げ、最終的に6-2と突き放すかたちになったが、8回終了時まで1点差。
取りこぼしたくない最下位相手に、少し嫌な接戦になった。

この日もプレイボールの時点からマリンは薄黒い雲でフタをされたかたちで、いつ雨に見舞われてもおかしくない状況。
2試合連続の降雨コールドも想定されたゲーム展開だった。

そのなか、先

もっとみる

【試合評】雨ニモマケズ、価値あるアット・バットの集積で二木を攻略!~7月4日○楽天5-1ロッテ

迫る台風3号との戦いになったロッテ11回戦

西から迫りくる台風3号との「時間との戦い」でもあった。
試合開始時点では雨は降っていなかったが、マリンの上空にはどんよりとした曇天が広がり、今まさに降り出しそうな雰囲気。
実際、2回表が始まるやいなや、大粒の雨が降り始め、試合展開次第では5回まで辿りつくのかという状況だったのだ。

両軍初回に1点ずつ取り合って始まったゲームは、2回3回はともに無得点に

もっとみる

鷲好きのあなたと見届けたい『東北・夢・ふたたび』感動フィナーレ~Shibakawaの楽天イーグルス観戦記〔2017後半戦〕の御案内

「なぜ開幕前なのに、大方の優勝予想がソフトバンクなんだよ!」

「仕事も家庭も忙しい毎日のなか、おらが東北の楽天を応援するのが、至福のひとときになってます」

「データや数字を肴に、イーグルスの新たな魅力を楽しみたい!」

この記事は、そんな東北楽天ファンの方へ向けて書いてます。

全国の鷲ファンの皆さん、こんにちは!
@eagleshibakawaと申します。

開幕前、何も始まっていないのに異

もっとみる

【試合評】 パリーグ防御率1位・美馬攻略を決定づけた、初回1番・川崎の空三振~7月1日●楽天9-10ソフトバンク

想定を超えた4時間26分、まさかの激闘

パリーグ首位攻防3連戦の第2戦。
楽天・美馬、ソフトバンク・千賀の先発で始まったゲームは、予想外の結末を辿る、壮絶すぎる点取り合戦になった。

鷲12本、鷹16本、ホームラン4本を含む両軍合計28安打の乱打戦は、今季の楽天戦では29安打を数えた5月30日巨人戦(○E13-5G)に続く2番目の多さ。

4時間26分は、延長12回サヨナラ負けを喫した4月26日

もっとみる

【試合評】伏線あり、疑心暗鬼あり。見応えあった初回の攻防劇~6月30日○楽天4-3ソフトバンク

鷹の追撃を振り切り、首位攻防初戦を勝利!

2位・ソフトバンクにゲーム差0.5に肉薄されたなかでの首位攻防3連戦。
3時間31分の戦いは、前半戦の山場に相応しい激闘になった。

試合展開は初回、4番・ウィーラーの3ランで先制した鷲が必死に逃げ、鷹が懸命に追う展開になった。
4回以降は劣勢続き、4月25日以降の勝率では楽天の.638を上まわる.698を記録するホークスの勢いに飲み込まれてしまうのも、

もっとみる