編集のがっこう<Vol.3>正しい企画の立て方を学ぼう

編集について学ぶ「編集のがっこう」の講義2回目前半の全内容です。

前半は、ものをつくる=企画の立て方、それも行き詰まらない正しい方法で考える脳ミソを身につける内容になっています。

目次
・企画を立てるとき、まず最初に考えるべきこと
・3つのポイントを押さえれば正しい方法で企画が立てられる
・展開方法には型があった
・ファッションやビューティ、ライフスタイルコンテンツの場合、「キャラクター」とは何を指すのか?

企画を立てるとき、まず最初に考えるべきこと

うだうだと解説しようと思ったのですが、講義のためにつくったパワポをお見せした方が早いかなと…。そして、誰もが小学生のときに学んだ作文の書き方をベースにしながら解説すると、例えそれが写真と文で構成していくファッションやビューティ、ライフスタイルなどの提案であれ、変わらない考え方だからです。

それがこれ ↓

企画を立てるときには、この3つのポイントを押さえるところから始まります。

「始まります」というか、これを押さえておかないと、途中で脱線したり、なにが伝えたかったのかを見失うことにもつながりかねません。この3つを知っておけば、正しい方法でいい企画案が立てられます

では、3つのポイントについてひとつずつ解説していきます。

テーマを考えるうえでもっとも大事なことは、伝えたいことをひとつに絞ること

テーマとは、日本語にすると題材・主題。もっとわかりやすくいうとタイトルです。なので、タイトルを見た読者やユーザーが、なにについて書かれている内容なのかがひと目で推測できるように明確にする=ひとつに絞ることが大事です。

特に、ウェブが発達して以降、読み手であるユーザーのコンテンツへの接し方が変わってきました。雑誌が隆盛を誇っていた頃は、気に入った雑誌の世界観の中で、オススメされたり、ページをめくる中で見つけるという受動的なスタンスで読み手は情報に接していました。しかし、いま一番知りたいことをウェブ検索によって能動的にリサーチする方法へと代わり、より早く、より求めている情報であるかどうかが、そのタイトルで判断されるようになったからです。

あ、ウェブ主体で書いてしまいましたが、もちろん本質は、ページを作るということ=それを読む(見る)読者にどんなメッセージを伝えられるかです。メッセージがあっちこっちあるとブレてしまい伝わらないということを肝に銘じておきましょう。

で、ひとつに絞ったあと、どうするか? その答えが以下 ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここから先は有料になります。

この続きをみるには

この続き:2,922文字/画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
編集のがっこうでは、メディアの編集長から、活躍している著名人までを講師に招聘し、他では聞けない「編集視点」と「編集の基礎」をマガジンにしたものです。編集の現場にいる若手、キュレーションは得意でもエディットって?と思い悩む人、編集はできるけどデジタルは苦手、SNSで活躍したい人…など必見です。

雑誌、ウェブ、SNS、LABOを立体的に提案していた元編集長の経験とITで学んだ知識を合体させ、編集力×デジタルを武器に、企画・運営・...

または、記事単体で購入する

編集のがっこう<Vol.3>正しい企画の立て方を学ぼう

編集のがっこう 校長

480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。サポートしていただいたお金は、「編集のがっこう」の運営費に使わせていただきます。

ありがとうございます!嬉しいです♡
11

編集のがっこう 校長

「編集のがっこう」校長 兼 Pomalo株式会社コンテンツスペシャリストの澄川恭子のnote。これからのコンテンツ時代に編集力を磨こう!をスローガンに、若い才能を発掘や育成、編集力の生かし方を日々考え続けています。

編集のがっこう Vol.1〜5

雑誌、ウェブ、SNS、LABOを立体的に提案していた元編集長の経験とITで学んだ知識を合体させ、編集力×デジタルを武器に、企画・運営・分析をするPomalo株式会社のチーフコンテンツオフィサー、澄川恭子による「これからのコンテンツ時代に必要な編集力」について多角的に考えるマ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。