見出し画像

「1969-2019:50年のジャズ・アルバム・ベスト 100」のための柳樂光隆の30選 & 100選

『ミュージック・マガジン』誌の特集<2020年代への視点 50年のジャズ・アルバム・ベスト 100>に掲載したベスト30をここにも転載しておきます。

企画の趣旨はこんな感じだそうです。

創刊50周年記念ランキング企画の第8弾は、近年ますます盛り上がりを見せる「ジャズ」です。今回は、これまで多く語られてきたモダン・ジャズ以前の時期をあえて外し、弊誌の創刊時からの「50年」というシバリを設けた、1969〜2018年の作品が対象。37人の選者が1位から30位までオールタイムで順位づけしたものを編集部で集計し、ベスト100を選出しました。(ミュージック・マガジン 2019年9月号)

<2020年代への視点>ということだったので個人的にはブラジルSSWの時と同じですが以下の条件で考えました。

①2010年代のジャズシーンに影響を与えているもの
②これから更に評価が進みそうなもの
③今の耳で聴いてもダサくないもの

特に今、こういう企画でやるといいかなと思ったのは、近年の新譜や、今のシーンで活躍している人の重要性を書くのではなく、そういった現状のシーンから遡るようにして過去の意味を書き換えたり、埋もれていた意味を炙り出したりできるか、なのかなと。

70年代は腐るほど考察されているので、「80年代以降をどう総括するか」もしくは「2019年から振り返ってみて、80年代、90年代、00年代はどんな意味を持っているのか」みたいなことを炙り出せるといいかなと思いました。

今はジャズの新譜が目に見えて面白いし、その新譜がジャズ史と密に接続されているのもよくわかるようになってきました。そんな状況なので、ここ20年で起きていることと関係のあるジャズの旧譜ならいくらでもあげられるようになってきました。その今の現状を反映したリストを作ることが、2020年代への視点になるのかなと思ったからです。

上記の3つに加えて以下のポイントを考慮して選びました。

①楽器の奏法やスタイルの特異点。
②ジャズ・ヴォーカル。
③ビッグバンド~ラージアンサンブル。
④クラシック~現代音楽型の影響。
⑤ヨーロッパのジャズ史。
⑥ラテンジャズからアメリカのジャズへの影響。
⑦アフリカなどのジャズ。

例えば、ロバート・グラスパー、マーク・ターナーやブラッド・メルドー、カート・ローゼンウィンケル、ティグラン・ハマシアン、マリア・シュナイダー、グレッチェン・パーラトなどの音楽性や楽器の演奏スタイル、師弟関係などから遡っていくことで浮かび上がる重要盤ってのもあるだろうし、そこから辿ったアーティストや作品の影響源と言った形で二親等、三親等を探ってみると、そこから21世紀のジャズシーンと同じ地平にあるジャズ史の地図を描けるかもしれないと思いました。例えば、

挾間美帆:ダーシー・ジェームス・アーギュー:マリア・シュナイダー:ジム・マクニーリー(ヴァンガード・ジャズ・オーケストラ):ボブ・ブルックマイヤーサド・ジョーンズ/メル・ルイス:ギル・エヴァンス

といったジャズ・アンサンブルの系譜が見えてきて、そこにクラウス・オガーマンジャコ・パストリアスケニー・ホイーラー、エグベルト・ジスモンチあたりをアンサンブル的な視点で見るような意味付けで加えると、今の新譜を聴いている人にも有益なものが作れるかなと。

あとは近年ますます重要性を語れる機会が増えていて、再考が進んでいるアメリカのジャズシーンにおけるジャズ×ラテン音楽とか、ジャズ×教会音楽とか、そういうものも考慮しているので、そういった意図もどこかの記事にするなり、ディスクガイドでも作るかわからないけど、示せたらいいかなと思います。

ここでは80年代以降のフリーファンクやポストパンクから90年代のジャムバンドに繋がる系譜のものや、アシッドジャズ~クラブジャズ、もしくはレアグルーヴ~サンプリングソースとして紹介されていたものは少なめになっています。今、ジャズ史を振り返って聴き直してもピンとこないことが多かったのが少ない理由です。今後、またこの辺からの影響を受けた面白いミュージシャンが出てきたら、更新されていくかもしれません。

ちなみに《50年のジャズのための30枚》を選ぶために、まず大量にリストを作って、そこから徐々に優先順位を考えながら削る方法を取りました。その最初に作ったリストからさらに100枚に絞った《50年のジャズのための100枚》と、最初に作った候補リストに少し追加したものを《50年のジャズのための約250枚》として公開してみます。僕の選考のプロセスが見えると思うので、良かったら参考にしてみてください。

最後にオマケで《1969-2019のジャズミュージシャンが関わったジャズ以外のアルバム・リスト》も作ってみました。併せてどうぞ。

あと、本誌でマイメン村井康司と対談しています。「ジャズっていうのはブラックミュージックだと言い切っちゃいけないんだよ」というタイトルで計8ページ 10,000字のボリュームです。ミュージックマガジンのランキングを分析・解説しています。こちらは本誌で確認してください。

■「50年のジャズ・アルバム・ベスト 100」のための柳樂光隆の30選 

1. Wayne Shorter - Footprints Live!(2002)
2. Weather Report - Weather Report (1971)
3. Keith Jarrett - Facing You (1972)
4. Herbie Hancock - Head Hunters(1973)
5. Jan Garbarek - Bobo Stenson Quartet - Witchi-Tai-To (1974)
6. Pat Metheny Group - Still Life (Talking)(1987)
7. Wynton Marsalis - Black Codes(1985)
8. Steve Coleman And Five Elements - Rhythm People (1990)
9. Maria Schneider Orchestra - Concert In The Garden(2004)
10. Muhal Richard Abrams - Sightsong (1975)

11. Miles Davis - Get Up With It(1974)
12. Jan Garbarek / The Hilliard Ensemble - Officium (1994)
13. Brad Mehldau Trio - The Art Of The Trio - Volume 3 - Songs (1998)
14. RH Factor - Hard Groove (2003)
15. Nina Simone - It Is Finished (1974)
16. Eberhard Weber Colours - Silent Feet (1977)
17. Claus Ogerman / Michael Brecker - Cityscape (1982)
18. Bobby Mcferrin - Bobby Mcferrin (1982)
19. Brian Blade Fellowship - Brian Blade Fellowship (1998)
20. Donald Byrd - Black Byrd(1973)

21. Chick Corea - Return To Forever (1972)
22. Kurt Rosenwinkel Group - The Remedy (2008)
23. Robert Glasper - Double Booked (2008)
24. Paul Motian And The Electric Bebop Band - Paul Motian And The Electric Bebop Band (1993)
25. Esbjoern Svensson Trio - Leucocyte(2008)
26. Doller Brand - African Piano (1973)
27. Irakere - Irakere (1978)
28. Tigran Hamasyan - Luys I Luso (2015)
29. Christian Scott - Ancestral Recall (2019)
30. Hal Wiliner - Amarcord Nino Rota (1981)

■「50年のジャズ・アルバム・ベスト 100」のための柳樂光隆の100選

《1969-1975》
・ Jaki Byard - The Jaki Byard Experience 1969
・ Roland Kirk - Volunteered Slavery 1969
・ Betty Carter - Betty Carter 1970
・ Charlie Haden - Liberation Music Orchestra 1970
・ Chris McGregor's Brotherhood Of Breath - Chris McGregor's Brotherhood Of Breath 1970
Thad Jones/Mel Lewis Jazz Orchestra - Consummation 1970
・ Alice Coltrane - Journey In Satchidananda 1971
・ George Russell - The Essence Of George Russell 1971
・ Gil Scott Heron - Pieces Of A Man 1971
Weather Report - Weather Report 1971
・ Archie Shepp - Attica Blues 1972
・ Carmen Macrae - The Great American Songbook 1972
Chick Corea - Return To Forever 1972
・ Eddie Palmieri With Harlem River Drive - Recorded Live At Sing Sing 1972
・ Hugh Masekela - Home Is Where The Music Is 1972
Keith Jarrett - Facing You 1972
・ Mulatu Astatke - Mulatu Of Ethiopia 1972
Ornett Coleman - Science Fiction 1972
・ Paul Bley - Open To Love 1972
・ Paul Winter Winter Consort - Icarus 1972
・ Doller Brand - African Piano 1973
・ Donald Byrd - Black Byrd 1973
・ Roy Ayers Ubiquity - Red Black & Green 1973
Jan Garbarek - Bobo Stenson Quartet - Witchi-Tai-To 1974
・ Miles Davis - Get Up With It 1974
・ Nina Simone - It Is Finished 1974
Ralph Towner - Solstice 1974
・ Anthony Braxton - Five Pieces 1975 1975
・ Enrico Rava - The Pilgrim and The Stars 1975
Herbie Hancock - Flood 1975
・ Marlena Shaw - Who Is This Bitch, Anyway? 1975
Muhal Richard Abrams - Sightsong 1975
・ Weldon Irvine - Spirit Man 1975
《1976-1980》
・ George Benson - Breezin 1976
・ Gil Evans And His Orchestra - There Comes A Time 1976
・ Eberhard Weber Colours - Silent Feet 1977
・ Hermeto Pascoal - Slaves Mass 1977
・ Horace Tapscott - The Call 1977
・ John Taylor / Norma Winstone / Kenny Wheeler - Azimuth 1977
・ Dee Dee Bridgewater - Just Family 1978
Irakere - Irakere 1978
Keith Jarrett - My Song 1978
Sheila Jordan / Arild Andersen - Sheila 1978
・ Al Jarreau - This Time 1980
・ Dollar Brand - African Marketplace : 1980
・ Fela Anikulapo Kuti / Roy Ayers - Music Of Many Colours 1980
・ James 'Blood' Ulmer - Are You Glad To Be In America? 1980
Mel Lewis And The Jazz Orchestra - Bob Brookmeyer - Composer & Arranger 1980
《1981-1985》
・ Charlie Haden / Jan Garbarek / Egberto Gismonti - Folk Songs 1981
・ Hal Wiliner - Amarcord Nino Rota 1981
Jaco Pastrious - Word of Mouth 1981
・ Kip Hanrahan - Coup De Tête 1981
・ Allan Horldworth - I.O.U. 1982
・ Art Ensemble of Chicago - Urban Bushman 1982
Bobby Mcferrin - Bobby Mcferrin 1982
Claus Ogerman / Michael Brecker - Cityscape 1982
・ Codona - Codona 3 1982
・ Radka Toneff / Steve Dobrogosz - Fairytales 1982
・ Sarah Vaughn - Crazy And Mixed Up 1982
・ John Hassell - Power Spot 1983
Wynton Marsalis - Black Codes 1985
《1986-1990》
・ Pat Metheny Group - Still Life (Talking) 1987
・ John Zorn/ George Lewis / Bill Frisell - News For Lulu 1988
Toninho Horta - Diamond Land 1988
Kenny Wheeler - Music For Large & Small Ensembles 1990
・ Steve Coleman And Five Elements - Rhythm People 1990
《1991-1995》
Egberto Gismonti Group - Infancia 1991
・ Benoit Delbecq - Paintings 1992
・ Cassandra Wilson - Blue Light 'Til Dawn 1993
Paul Motian And The Electric Bebop Band - Paul Motian And The Electric Bebop Band 1993
Jan Garbarek / The Hilliard Ensemble - Officium 1994
・ Joshua Redman - Mood Swing 1994
《1996-2000》
・ Don Byron - Bug Music 1996
Herbie Hancock - The New Standard : 1996
・ Nils Petter Molvaer - Khmer 1996
・ Vanguard Jazz Orchestra - Lickety Split 1997
Wynton Marsalis & The Lincoln Center Jazz Orchestra - Blood On The Fields 1997
・ Brad Mehldau Trio - The Art Of The Trio - Volume Three - Songs 1998
・ Brian Blade Fellowship - Brian Blade Fellowship 1998
Danilo Perez - Motherland 2000
《2001-2010》
Henry Threadgill's Zooid - Up Popped the Two Lips 2001
・ Brad Mehldau - Largo 2002
・ Norah Jones - Come Away with Me 2002
Wayne Shorter - Footprints Live! 2002
・ Jason Moran - The Bandwagon 2003
・ RH Factor - Hard Groove 2003
Maria Schneider Orchestra - Concert In The Garden 2004
・ Esbjoern Svensson Trio - Leucocyte 2008
・ Gretchen Parlato - In A Dream 2008
・ Kurt Rosenwinkel Group - The Remedy 2008
・ Robert Glasper - Double Booked 2008
Vijay Iyer Trio - Historicity 2008
・ Bill Frisell - Disfarmer 2009
・ Esperanza Spolding - Chamber Music Society 2010
《2011-2019》
・ Thundercat - The Golden Age Of Apocalypse 2011
・ Fred Hersch - Alive at the Vanguard 2012
・ Donny McCaslin - Fast Future 2015
・ Kamasi Washington - The Epic 2015
Tigran Hamasyan - Luys I Luso 2015
・ Julian Lage - Arclight 2016
・ Cecile McLorin Salvant - The Window 2018
・ Christian Scott - Ancestral Recall 2019

■1969-2019のジャズと関係あるジャズ以外のアルバム

・ Donny Hathaway - Live : 1972
・ Santana - Love Devotion Surrender : 1973
・ Roberta Flack - Feel Like Makin' Love : 1974
Frank Zappa And The Mothers Of Invention - One Size Fits All : 1975
・ Laura Nyro - Smile : 1976
Milton Nascimento - Milton : 1976
・ Stevie Wonder - Songs In The Key Of Life : 1976
Joni Mitchell - Don Juan's Reckless Daughter : 1977
・ Steely Dan - Aja : 1977
・ Gino Vannelli - Brother To Brother : 1978
・ Chaka Khan - What Cha' Gonna Do For Me : 1981
Sting - Bring On The Night : 1986
Various - Music From Do The Right Thing : 1989
A Tribe Called Quest - The Low End Theory : 1991
・ Rickie Lee Jones - Pop Pop : 1991
・ GURU - Jazzmatazz Volume: 1 : 1993
・ The Roots - Do You Want More?!!!??! : 1994
・ Isotope 217 - The Unstable Molecule : 1997
D'angelo - Voodoo : 2000
・ Eryka Badu - Mama's Gun : 2000
・ Joe Henry - Scar : 2001
Q Tip - Kamaal The Abstract : 2001
・ The Detroit Experiment - The Detroit Experiment : 2002
・ David Sylvian - Blemish : 2003
・ Madlib - Shades of Blue : 2003
・ Me'Shell NdegéOcello - The Spirit Music Jamia: Dance Of The Infidel : 2005
・ Karriem Riggins - Alone Together : 2012
・ Flying Lotus - You're Dead! : 2014
・ Kendrick Lamr - To Pimp A Buttefly : 2015
・ Common - Black America Again : 2016
・ David Bowie - ★ : 2016
・ David Crosby, Becca Stevens, Michelle Willis, Michael League - Here If You Listen : 2018
・ Jacob Collier - Djesse vol.2 : 2019
・ Solange - When I Get Home : 2019
※最後までお読みいただきありがとうございました。

ここまでの記事に100円の価値があると思ったら《購入》を、
もっと価値があると思ったら《サポート》をお願いします。

『Jazz The New Chapter』の制作費にします。

この続きをみるには

この続き:759文字

「1969-2019:50年のジャズ・アルバム・ベスト 100」のための柳樂光隆の30選 & 100選

柳樂光隆

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この記事は無料で全文公開しています。記事が気に入ったら、(100円~) お気持ちを投げ銭的にサポートをしてもらえたらうれしいです。いただいたサポートは全て『Jazz The New Chapter』の制作関連に使わせていただきます。

ありがとうございます!!
61

柳樂光隆

79年、島根・出雲生まれ。音楽評論家。『MILES:Reimagined』、21世紀以降のジャズをまとめた世界初のジャズ本「Jazz The New Chapter」シリーズ監修者。共著に後藤雅洋、村井康司との鼎談集『100年のジャズを聴く』など

柳樂光隆の音楽評論

柳樂光隆が書いた音楽に関する論考的なものを中心に。ここだけに公開するインタビューもあります。
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。