はたしてオンライン対戦はゲーマーを幸せにしたのか

「ネット社会は人々を幸せにしたのか」という自分が好きなテーマのよりミクロにするならば、オンライン対戦の登場はゲーマーにとって幸せなことだったのかという議題も成立する。


よくネットで「RPGでその世界の勇者になったと思ったら、すぐオンラインに連れて行かれて自分が末端の雑魚だと気付かせられる」という意見を見かける。

別の表現をするならば地方ローカルでスポーツ上手いとイキッてたらいきなり全国大会に連れて行かれて現実を突きつけられるという現象とも似ている。


とくに今の時代どのゲームも「ガチ化」していて、そのゲームに夢を見て始めたばかりの初心者が行きつく先は経験者との愕然とした追いつけないほどの差でしかない。

どのゲームも既存層がある程度確立されていて、昔からずっとやり続けている経験者には勝てないし、その自分が勝てない経験者ですらその世界では最下層であることが多い。

将棋やチェスと一緒でFPSや格ゲーは最低でも10代前半の時期からやりこんでいなければ、よほどの才能がない限り上級者にはなれない。脳の仕様を成長期にそのゲームに特化させるようなことが無ければ成人してからの努力では追いつけない。それどころかもはやどれだけ努力をしても中級者にすらなれないほど世界さえ存在する。

更に言えば10代の頃の無限の情熱でなければ努力も続かず、結局先行者には追いつけない現実がある。


こういったオンライン対戦の現実を見ると地方ローカルコミュニティでワイワイ身内と対戦して盛り上がってた頃の方が楽しかったよなぁと考えることがある。

それは自分が子供だったから楽しかったというのもあるかもしれない。

「オンライン対戦は世の中を面白くなくした」といいつつもいざ今更オンライン対戦がない時代には戻れないし今戻ってもそれほど昔が楽しくはなかったという単なる懐古補正に気付くだろう。


更に言えば大人や社会人になったらそもそも学校の友達のような存在もいなくなり付き合いは限定的になるので「あのころの楽しい仲間たちとのゲーム対戦」というもの自体が成立しない。大人になると学生時代のような友人は作りにくくなる。


ネットの音声やテキストのチャットの仲間というのも実際はお互い気を使って子供のころの様に打ち解けあえなかったり、そもそも社会人同士でスケジュールが合わなかったりするのが現実で結局一人で気楽にすることが最適解になってしまう。

相手がいつまでも同じゲームに付き合ってくれるという保証もなく、お互いゲームといういつ切れて割れてもおかしくはない糸や薄氷のような関係でしかないので疎遠になって散るときは一瞬の人間関係だ。


結局そうなると対戦相手は無名のオンラインにしか存在しないわけで「対戦相手の確保」という意味ではオンラインしかないのも現実だ。

昔のようなアナログ形式ならばいつも同じ対戦相手になってしまうだろうし、そもそも対戦相手がおらずCPUと対戦するしかなくなる。


この続きをみるには

この続き:8,457文字

はたしてオンライン対戦はゲーマーを幸せにしたのか

エルケン

3,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

自分の投稿で主に書いていること一覧です。 ・時々日常のしょうもない投稿、人生や社会、世界の話 ・語学、アニメ、芸能、歴史 ・創作や厨ニ病論、ネットや平成懐古論 ・アングラっぽい雰囲気や庶民的な酒場や街中の雰囲気が好き。

ジャニー社長「youもっと来ちゃいなyo!」
14

エルケン

サブカル

話題:アニメ、漫画、ゲーム、創作
1つのマガジンに含まれています

コメント3件

考えさせられました。
ネットは変わっていってるんですね……
他のノートで、選民思想とおっしゃっていましたが、優越感や得や初心者へのイニシアチブがあった頃と、日常になった今。
十年前のままのネット経営戦略と、ネットが日常になったが故の賢い個人の腕磨きとしてのネットの用途の、
二つが噛み合って、ガチ勢だらけの今を作っている。そんな気がしました。
ネットのたこ壺化も、これと似たような、大人と若者の認識の差が作り出しているのやも。
たこ壺化というのはこういった話で聞く言葉の一つですよね。漠然と黎明期のネットという広い場所から、ネット自体が巨大化したことでかえって小規模なコミュニティが整備され細分化して乱立したことで体感としてはむしろネットが小さく感じるようになっているのかもしれません。

>賢い個人の腕磨きとしてのネットの用途
この言葉面白いですね!好きなことだけひたすら極められるので、それがガチ化の要因の一つなのかもしれないと思いました。

別の言い方をすれば、どこもその道の達人や先駆者がすでにいる状態が確立されていて、それが既存層になっているともいえますし、ガチ勢になっているともいえるかもしれません。
そしてそういうガチ勢の人が初心者に優しくないことが多いのが、今のネットの抱える息苦しさや閉塞感の理由の一つなのではないかとも感じることがあります。
小さなたこ壺が深く狭くなっている、というのが、今回の話な気がしました。

でも、中級者が上級者の振りをしてる事もあるかもしれないです。つまり本当は初心者に優しい人が、こわもての顔を作ってるとか。


ゲームをやる側と提供する側、どっちもが、win-winなのに、ゲームの、土壌が枯れていく。これは、今の医療保険とかが抱える共有地の悲劇(ゲーム理論の言葉らしいです)と、似てるなーと思いました。少し飛躍し過ぎています(汗
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。