見出し画像

Voice UI/ UX Designer Meetup #2


声で世界を"越え"ていく、どうも、Robotics UX designerのさかっちです。

先日、Voice UI/ UX Designer Meetup # 2 というVUIのイベントに参加してきました。

せっかくなので、簡単にレポートします。

日付:20190320(水)
会場:hachidori株式会社


19:00 受付開始・開場
19:30 オープニング 趣旨説明
19:35 hachidoriの紹介/館内案内 会場スポンサー;hachidori株式会社様
19:40 インプットセミナー(飯塚 幸雄さま) 20min
20:00 VUIワークショップ (京谷 実穂さま) 90min
21:30 クロージング (集合写真)
22:00 完全撤収

司会:元木理恵さま

オープニング 趣旨説明

• 会話におけるUI/UX設計

• Voice グループの趣旨
音声を利用したインターフェースがひろがっていく中で、Voice UI/ UXデザイナーの学びを得る・共有する

hachidori株式会社の紹介/館内案内


坂口亮太さま(hachidori株式会社) 

• CAST(シフト管理アプリ)

• Android Data Bindingに関する書籍を執筆


• チャットボットツールhachidori
プログラミングレスで開発できる


インプットセミナー「VUIを活用したUX」

飯塚 幸雄さま

フリーランス / HCD-Net広報社会化事業部
HCD-net認定 人間中心設計専門家
フリーランスでVUIを手がける


インターフェースとは
英語で接触面のことを表し、転じてコンピューターとその周辺機器、人間をの間の操作の手順、規則との意味にも使われる

例:マンマシンインターフェース
  CUI 
  GUI
  タッチインターフェース
  VUI

我々の体験を大きく変容させる力を持っている

UXとは

開発にユーザー視点を取り入れる
ユーザーの視点から、機能・サービスを考える必要がある

HCD(Human Centred Design)プロセスの導入
(このプロセスを踏むことで、いいUXになる)

(1)人間中心設計プロセスの計画

(2)利用状況の把握と明示
インタビューやアンケート、フィールドワーク、ユーザー調査
ペルソナ、カスタマージャーニーマップ、体験シナリオ、
ストーリーボードなどで明示

(3)ユーザーの要求事項を満足させる設計による解決策の作成
設計書(会話モデル)、プロトタイプ、ペーパープロトタイピング、
モックアップ、Prott、XDなどで、プロトタイピング

(4)要求事項に対する設計の評価
ユーザーテスト、ヒューリスッティックテスト
A/ Bテストなどで評価

ただし、今のVUIでは、この段階を全てきっちり踏むことは少ない
現在のフェーズでは、「VUIを作り、そこから得られる体験」を重ねることの方が重要だと思う
今のVUIは、進化の途中

VUIワークショップ説明 「音声サービスの体験を設計してみよう」

京谷 実穂さま
株式会社Voicy VUI/ VUX designer


VUI/VUX設計の5つのステップ

(1)理想の体験を描く
(2)ユーザーゴールを設定する
(3)体験全体のシナリオを設計する
(4)会話のシナリオを設計する
(5)ユーザーテストを繰り返して調整する

強み
• ハンズフリー、視線フリーでながら操作ができる
• 遠隔から操作ができる
• ダイバーシティ
• 想像力が働く

弱み
• 情報の一覧性がない
• 受け取る側が一度に多くの情報を記憶できない
• 情報を取得する時間=音声を聴取する時間となるので、
• 活字に比べて時間がかかる場合がある

ワークショップ

(1)各テーマごとに分かれて以下の順で、VUXの案を出す

• デザインワークシート → 会話例

(2)各グループごとに発表

例)
• 女性の話を聞いて癒してくれるおばあさんアシスタント
• ランチ難民のサラリーマンの店探し
• 高齢者に、飲んだ薬について話をしてもらうアシスタント
• 朝グズる子供をあやすアシスタント
など

所感

• VUI / VUXについて、あまり詳しくない方にもとても分かりやすく、VUI / VUXのさらなる活用に繋がりそうなイベントだった

• HCD(Human Centred Design)プロセスの話は、VUI / VUXを作る際のみ ならず、お客様や一緒にお仕事をする人に体系的に説明するのにも、とても効果的だと感じた

• VUI / VUXのワークショップは、シートを使って視覚的に分かりやすく、お客さんなどでVUIについてあまり知らない方を対象にした場合に効果がありそう

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしよかったらアレしてください。

今日一番嬉しかったことは、あなたからスキしてもらったこと。
8

感性デザイン部

体験を設計する人たち。 「会話」を中心とした体験のつくりかたについて、定期的に記事を公開していきます。 第2・第4水曜日に更新するつもりだけれど、わたしたちはとてもパンクな集団なので先のことは何もわからない。

イベントレポート

サービスデザインやVUI、UX関連のイベントについてレポートします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。