見出し画像

三浦しをん『ののはな通信』(角川書店)

2018年の記録。

三浦しをん『ののはな通信』(角川書店)読了。高校時代の同級生だったのの往復書簡。わたしより少しだけ年下の二人の、間を開けながら、30年くらい続いた魂の吐露の交換、もどかしいこと、違和感のあること、読者のもやもやを、最後のページが洗い流してくれた。ここだけ読んでもきっとネタバレにはならないので引用。

--
私に魂というものがもしあるのならば、それはあなたのものです。渡り鳥が海を越えて必ず生まれ故郷に帰るように、私の鼓動が止まるとき、魂はあなたのもとに還るでしょう。あなたが形づくり、息吹を与えてくれたものだからです。
--

三浦しをんは、ひとつの作風にとどまらず、色々な小説でわたしを驚かせてきたが、今回もまた大きな感動を与えてくれた。ありがとう。嬉しい。

#読書 #三浦しをん #ののはな通信 #角川書店

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

是非他の投稿も読んで下さいね!
2

eneo

読書、ヴァイオリン、オーケストラ、ビーズ、マラソン、ウルトラマラソン、観劇、美術館、ガレット・デ・ロワ、顔ハメ、ちょっとだけ乗り鉄。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。