noteを「7日間は購入キャンセルOK」にしたらどうなるか?

noteの販売コンテンツを「7日間は購入キャンセル可能」にしたら、どうなるだろうか?

あくまで思考実験のメモ。noteチームは常に攻めの姿勢をくずさず、あらゆる可能性を考えていきたいと思います。もっともインパクトが巨大すぎる上に不透明なので、まだやる予定はない(個人的には試してみたい)。

以下、想定されるエフェクト。


流通額の大幅な増加(ポジティヴ)

ユーザーはリスクなく、気軽に購入できるようになる。このため、note全体での購入が活性化すると予想される。


高額noteの販売増加(ポジティヴ)

ユーザーのリスクが減るため、より高額なノートが売れるようになる。あわせて、評価の高いノートは総じて金額と利益が増加傾向になると思われる。


既存ユーザーからの大きな反発(ネガティヴ)

インパクトが巨大なため、相当数のユーザーが保守的な反応を示すと思われる。ユーザーからは「任意にOn/Offさせてくれ」という声が想定される。実際には、ルールが混在するほうが混乱を呼ぶため、できればまとめてやることが望ましいが…そのための説得は困難を極めると思われる。


返金リピーターへの制裁措置(ネガティヴ)

7日間返金を悪用して、連載漫画を返品しながら読むバカの発生が予想される。抑止措置として、短期間で一定回数連続で返金をするユーザーを、悪質顧客としてBANする処置などが必要になると思われる。(多分、機械学習でアラートを出した後、CS部門などで目視で調査するんだろうか?)。実際にはクレカ情報を握られているため(修正: クレカ情報ではなくユーザーIDか。ペイメントサービス経由だからクレカ持ってない)。あまりに頭がおかしい行動は不可能であり、問題ユーザーは少数に止まると予測される。


低品質なノートの大幅な減少(ポジティヴ)

値段に見合わないノートは、積極的に返金がおきると予想される。このため低品質ノートへの値下げバイアスが予想される。また、あぶく銭系のノートの大幅撤退が想定される。


情報集積系コンテンツへのマイナス補正(ネガティヴ?)

単純な情報列挙系のコンテンツの価値が減少する。コピーされやすく、また返金されやすいためだ。単純な知識系コンテンツは撤退や、値下げに見舞われる可能性がある。結果的に流通コンテンツ全体で、エピソード性や著者の体験、意見、エモーションなどを含んだコンテンツが増加すると思われる。短期的にはネガティヴだが、中長期ではポジティヴになる可能性は高い。


治安の向上(ポジティヴ)

返金騒動やアンチの焼き討ちなどが減るため、基本的には治安は向上する。




オプションによる返金不可(ネガティヴ)

一部コンテンツについては、返金不可をオプションで作る必要があるかもしれない。その場合は、購入時に「このコンテンツは、販売者の移行により返金不可です」みたいのを出されることになる(法律上OKならば)。オプションとしては選択可能であるが、返金不可コンテンツの売り上げは必然的に下がるだろう。基本的には「返金不可」は人よけ、炎上よけとして使われることになる。


出版社の撤退?(ネガティヴ)

おそらく現在の出版社は、高確率で返金OKの条件を受け入れられない。結果的に大手コンテンツは撤退する可能性がある。あるいは、上記のような返金不可オプションが必要となるだろう。


ファンとの長期的な関係性の最大化(ポジティヴ)

野次馬やマッチしなかった一見さんは、即座に返金するようになる。結果的に購読ユーザーに残るのは、純度の高いファンに限定される。これによりユーザーコミュニティはよりポジティヴに、平和なものになると思われる。


ざっとこんなところだろうか? 個人的にはポジティヴな利点が多いように思える。いったん売り上げ等が落ちるかもしれないが、ネガティヴ要素は短期的な問題に集中している。

中長期で考えた場合には「返金を考慮にいれた」長期視野のコンテンツ、ファン的関係性をもつコンテンツが伸び、焼畑系の産業に負のインセンティヴがかかることが予想される。

返金率は5%ぐらいになるだろうが、総流通額は上昇し、良い記事ほど売り上げが上がることが予想される。また低品質なコンテンツほど退場率が上がり、同様に悪質な読者ほど、退場率が高まることが予想される。

どっかのタイミングで実証実験をしてみたい。noteでやるかもしれないし、noteじゃないクライアントでやるかもしれない。とにかく試してみたいなぁと思う。いまのところ、やる予定はありませんが。


ワイルドな施策案なので賛否両論だと思いますが、みなさんはどう思いますか?お気軽にご意見をお寄せください(この記事を埋め込んでノートを買いてもらえれば、通知がくるので目を通すようにします)。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 頑張っているnoteチームのみんなに、回らないお寿司をご馳走しようと思います。

多謝(お返事がランダムに出せるようになりました)
335

まとめ更新中。投資論、ギャンブルカジノ、仮想通貨、株FX競馬

【随時追加中。スマホが千両箱に思えてきた】2017年からtwitterで活躍されている仮想通貨民の方々のnoteを集めていますぅ。2018年末からはオンラインカジノ民、競馬民、株FX民、宝くじtoto民の方々のnoteも集めはじめました。
3つのマガジンに含まれています

コメント12件

Steamなんかは、『有料ゲームにおける無料ゲームって導線』が無いので、返金って導線が活きるんじゃないかなぁ。

無料記事+アルファなnoteさんだと、返金は数日くらいでちょうどいいのかも? でも、日数長いほうが安心はできるし…。

やってみないと解んないところですね。
この施策をされるなら、必ず返金受付オプションをつけて欲しいです。

僕は全て返金不可コンテンツにします。

コンテンツは読まれた時点で、全て消費されたことになると思っています。飲食店で例えるなら完食後の7日後に美味しくなかったから返金しろ、アパレルで例えるなら7日着た後に返金できるようにするのと変わりません。理解に苦しみます。

自信があるなら高品質なら返金されないはず!という意見も分かりますが、返金を繰り返す心無い一部のユーザーが生まれること、それに対応しなくてはならないことにストレスを感じます。

そういう輩を駆逐する施策をセットにしてこそだと思います。
運営とユーザーに優しい施策の印象なので、そもそも試し読みとして全部見てダメだったら返金したいに対応するのであれば、作家さん側が主体的に、自分でツイッターか何かに必要部分だけボカシをかけたキャプチャや公開をすればいいだけの話だと思う。ゲームと違って静的なコンテンツなので。実装されるのであれば、デフォルトオフにして、前述のかたのように返金OKチェックが現実的でないでしょうかね。そうでもしないと、追加記事系悪質作家さんが増えて被害をこうむるユーザーも出てくると思う。
noteには挑戦的であって欲しい
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。