見出し画像

藤岡ぴぴについて

はじめまして。
藤岡ぴぴと申します。
ワンピースと早朝のマックで考えごとをする時間が好きです。
1995年生まれ23歳。(2019/4/28現在)

こちらは藤岡ぴぴについて紹介するnoteです。
かなりボリューミーになってしまったので、目次から興味のあるところだけお好きなだけ読んでみてください。
もちろん全部読んでもらえるととても嬉しいです。
それでははじめます。

*名前の由来

藤岡は本名で、ぴぴは友達が付けてくれた名前です。

藤岡という苗字は、画数が多くてちょっと堅い感じが小さいころはあまり好きではなかったのですが、藤岡という苗字があまり被らなかったため、最近は好きな苗字になりました。
また、藤岡という名前を見て、あれもしかして…?と幼稚園や小学校、中学高校大学の友達がなつかしくなって卒業アルバムを開いてくれたら嬉しいな、なんて思いもあり、そのまま本名の藤岡を使っています。

ぴぴという名前は大学で出会った心友がつけてくれた名前です。
今まであだ名をつけられたことがなかったのと、なんといってもこの名前の響きがかわいらしかったのとで、つけてもらえて嬉しかった一番大好きな名前です。
心友がつけてくれた名前はぴっぴなのですが、日によって、また友達によって、ぴぴちゃん、ぴー、ぴ、ぴぴ太郎…のように活用形がたくさんあって、どれも気に入っています。
その中でもぴぴは、最もかわいらしい響きで親近感がわくような名前だったので、こちらを名前に使うことにしました。

個人的には藤岡さんよりぴぴさん、ぴぴちゃんと下の名前で呼んでもらえると嬉しいです。
もちろんその他の活用形、ぴっぴさん、ぴーさん、ぴさん…などなど、他の呼び方も大歓迎です。
お好きな響きの名前で呼んでいただけたらと思います。

*これまでの藤岡ぴぴ物語

私は現在23歳。
社会人のひよっこです。

これまでの人生をお話すると
地元の幼稚園、小学校へ通い、幼いころは好奇心旺盛な女の子でした。
好きなものは勉強、本を読むこと、作り物語を書くこと、出来事新聞を作ること、あとは自由帳にお絵かきすることも好きでした。
小学校の頃は一輪車や竹馬にはまったり、やりたいことはやっていた印象です。
こちらのnoteで少し書いています。

中学高校は中高一貫の学校に通い、勉強ばかりしていたことしか覚えていません。
好きだった勉強が少し嫌いになったのも、この時期です。
中学の修学旅行がニュージーランドへ3週間のホームステイだったのですが、修学旅行中に地震に逢い、1週間と5日で日本に帰国しました。
2011年2月22日、東日本大震災が起こる2週間ほど前に起こった地震で、日本人の留学生もたくさん亡くなった大きな地震でした。
この地震の経験についてはこちらのnoteに書いています。

しかしこの地震がきっかけでニュージーランドのことが好きになり、大学1年生の春にニュージーランドへ3週間語学研修のリベンジをします。
理系の大学に4年間通いましたが、理系科目よりも文系科目が好きで、英語や心理学、政治学、法学、哲学など文系の人たちに混じって授業を受けていました。
けれど要領が悪かったので、単位を落としたりとGPAはとても悪かったです。
ただ先生から新しいことを教えてもらうこと、なんで?をとことん追及することが好きでした。

環境政策学が専攻だったので、好きな洋服と環境問題を掛け合わせて「衣服の利用と資源の有効活用」というテーマで卒業論文を書きました。
ファストファッションとそうでない衣服の利用の仕方を比較し、資源の有効活用という観点から衣服の利用法について提案したものです。
私自身とても楽しみながら研究し、書いたものなので、数年後でも、ある程度年齢を重ねてからでも、大学院でさらに研究するのもいいなと本気で思っているくらい興味深くておもしろい研究です。

先述のとおり、成績があまりよくありませんでしたが、大学時代はやりたいことをとことんやっていました。
年に1回は海外旅行へ行き、これまでにニュージーランドは3回、その他には台湾、フランス、イギリス、エジプト、トルコに行きました。
海外で現地の人とふれあったり、新しい文化を知ったり、日本にはないかわいい雑貨に出会ったりすることが好きです。
旅行は1人で行くのも好きで、ニュージーランドへ1人で行ったときはおもしろいことがたくさん起こりました。
友達とでも、1人でも楽しめちゃうタイプです。

海外旅行の他には、大学2年生から軽音楽サークルに入ってベースを弾いていました。
こちらのnoteでも触れているとおり、ベースは上手ではありませんでしたが、今となっては楽しかった思い出です。

あとは念願だったデパ地下のお惣菜屋さんや、カフェでのアルバイトに挑戦したのも大学時代です。

*お仕事について

大学を卒業してからは、ある学校の広報として入職しました。
お仕事自体はとても楽しく、お話することも媒体を作ることも、出張することもどれも好きでした。
ただいろいろと考えた末に新卒5ヶ月でこのお仕事を退職しました。
こちらのnoteに書いています。

退職してからは、心身を休めつつも立ち止まってこれからの自分の生き方について真剣に考えていました。
休んでいる間は、今までしたいと思いながらできていなかったことに挑戦したり、興味のあるものをのぞいてみたり、会いたい人に会いに行ったりと、自分のしたいことに素直になるストレスフリーな生活を送っていました。
noteもやってみたかったことの1つです。

そうして自分と向き合い、仕事や生き方について考えていたわけですが、考えれば考えるほどわからなくなる日々。
貯金もなくなりつつあり焦った私は、友達の勧めで考えすぎることをやめ、まずは雇用形態にこだわらずに、やってみたかったことに挑戦してみることにしました。

苦手だった面接をどうにかクリアし、たどり着いたのは大好きな雑貨屋さんの店員さんのお仕事。
アルバイトでフルタイム勤務。
夢中で仕事をしているうちにあっという間に時が経ち、早くも6カ月目に突入したところです。
入りたてのころは一番下っ端でひよっこだったのですが、スタッフさんの入れ替わりがあり、先月よりお店の中では勤務歴が一番長いスタッフに…。
人手不足もあり、この数カ月で教わる立場から教える立場に変わり、精神的にいっぱいいっぱいになったこともありましたが、どうにか乗り越え、現在はバタバタながらも楽しく働いています。

雑貨屋さんの道に進むことも考えていますが、noteを始めてわかったのが、もっと文章を書いてみたいということ。
現在はお仕事を続けつつ、文章を書くお仕事を探しているところです。

*将来やってみたいお仕事、夢

・お店をもつ(空間屋さん、贈り物屋さん、雑貨屋さん)
・まちのわくわくスポットの取材、発信、まちの活性化
・かわいい卓球のユニフォームづくり
・小さい人向けのワンピース、靴づくり
・iPhoneの絵文字にかわいいものを増やす
・ワーキングホリデー(ニュージーランド、イギリス)
・研究する(持続可能な衣服の利用法、地震からの復興の最善の方法~ニュージーランドと日本を比較して~、児童文学)
・本をつくる
・女性や若い人たちがもっと輝けるような社会をつくる
・好きな時に旅をし、好きな服で好きな時に好きな人と仕事をする
・こんなのあったらいいなをつくる
・雑貨のバイヤーさん
・忙しいママパパに代わって子どもたちの宿題の面倒を見る
・本の読み聞かせ

統一感のないメモのようになってしまいましたが、今のやってみたいこと、夢はこんな感じです。

*好きなもの

・ワンピース
・雑貨屋さん
・マク活
・赤色
・お散歩
・ハリーポッター(映画も観たのはもちろん、本は全部持っています)
・鼻歌
・音楽(邦ロック、K-POPなど日によってジャンルが違います)
・児童文学(こそあどの森シリーズ、赤毛のアン)
・梨木香歩さんの本
・ベレー帽
・旅行
・パン屋さん
・本
・ラジオ
・電灯
・月
・映画(洋画、ファンタジー、アメリカ・イギリスのラブコメ)

好きなものについてはこちらのマガジンにもまとめています。

*藤岡ぴぴのnoteづくり

noteでは好きなものや日々考えることなどを、書きたいときに書いていきたいと思います。
読んだ方がほっこりしたり、やさしい気持ちになれたり、ポジティブになれるようなnoteをつくっていくことが目標です。

タイトル画像に使っているのは私の集めたお気に入りの雑貨や本、イラストです。
これらは今日の○○として、noteの内容や、その日の気分で名前をつけて、noteの最後に紹介しています。
雑貨や本は、気になった方が探せるように、できるだけお店や雑貨のリンクを貼るようにしているので、びびっときたものはぜひクリックしてみてください。

ツイッターインスタグラムも探り探りですが、やっています。
ツイッターの方がよく活動しています。
長くなってしまいましたが、これからよろしくお願いします。


今日のふせん
「よろしくお願いしますのふせん」

こちらはインキューブという文房具屋さんで見つけたものです。
カラフルな色使いやコミカルなイラストがとってもチャーミングなふせんです。
ちょっとした伝達メモや、人にお願い事をしたいときに、「よろしくお願いします」の気持ちをこめてかわいいふせんを使うのってとびきりチャーミングでとっても素敵だと思います。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

遊びにきてくださりありがとうございます。少しのリアクションが励みになります。ここでいただいたサポートは夢のために大切に使わせていただきます。

ありがとうございます!またいつでも読みにいらっしゃってくださいね!
12

藤岡ぴぴ

ワンピースと本、早朝のマックで考えごとをする時間が好きです。ついついかわいいノートや本、雑貨を集めてしまう癖があります。社会人なりたての23歳まだまだひよっこ。大好きなものたちや日々考えることについて書きます。

藤岡ぴぴについて

藤岡ぴぴってどんな人?が少しわかる、そんなマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。