「ほてり」とアトピー性皮膚炎


アレルギーとたたかう理学療法士
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会


「冷え」 とアトピーの関係性はとてもシンプル

血流が悪く冷えている部位
(表面温度が32〜33℃ぐらい)

  ↓↓↓

老廃物が流れにくく
(アレルゲンとなる物質が滞りやすくなる)

  ↓↓↓

炎症が起きやすくなる
(アトピー症状が強く出やすい部位となる)


しかし

今日の患者さんは全く反対!!!


アトピー症状が強く出ているのは

「ほてり」のある「手」

・橈骨動脈は拍動もしっかりと触れる
(しかも症状の強い右の方が橈骨動脈の拍動は強い)
(血圧も若干ではあるが右の方が高い)

・表面温度は、足よりも高く36℃台
 (通常は34℃程度)

・手と膝以外の症状は全くなし
 (おでこに少し乾燥部位あり)

このような症状の出方の場合

症状の悪化に関わる原因は4つ考えられる。

・静脈・リンパの流れの滞り

・汗のかき方の偏り

・皮膚の柔軟性の低下

・筋の柔軟性低下
(姿勢や体の使い方の癖、アライメントとの関係において)


手の症状については、上の二つ

膝の症状については、下の二つ

が原因として可能性が高いと考える。


立位、座位ともに左後方への荷重の変異あり
(左踵、左臀部への圧の偏りあり)

  ↓↓↓

右膝の後方に重心線が落ちる

  ↓↓↓

右膝前面の筋の活動が持続的に入りやすい状況
(膝蓋骨や脛骨粗面の皮膚に持続的な伸張ストレスが加わりやすい)

  ↓↓↓

皮膚の血流低下、柔軟性低下

  ↓↓↓

皮膚の新陳代謝低下
(皮膚のターンオーバーが遅くなる)
(筋や脂肪が少なく、掻いてしまうとすぐに傷になりやすい部分でもあるために皮膚の治癒が妨げられやすい)


この患者さんは、手と膝で症状の出る原因が異なるタイプだと思われました。

したがって、手と膝の介入の仕方は分けなければいけません。


手の症状改善のためには、右手指・手関節・前腕、腋窩、鎖骨周りへの介入

膝の症状改善のためには、皮膚、筋の柔軟性の改善と姿勢や動き方の癖の修正

が必要になると考えられます。


アトピー性皮膚炎の症状の出方は、一人の患者さんであっても部位によって原因が異なることがありますね。


アレルギーとたたかう理学療法士
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。