あなたが誰かのものになっていく。|詩「片袖の魚」

あなたが誰かのものになっていく。
触れることもせず、
祈るように見つめるわたし。
彼らの暮らす水槽は
あまりに澄んでいたから。

----------------------------

   片袖の魚
                 
文月悠光

あなたが誰かのものになっていく。
その過程がわたしにはよく見えるだろう。
両袖ならば触れ合えたのに、
わたしは片袖にのみ火を放った。
片袖に生まれたこの赤い魚が
あなたへ燃え渡りますように。
誰かのものになる間もなく、
わたしたち、灰になるのだ。

その燃え立つ尾ひれに惹かれて、水の中へ分け入っていく。冷たい
壁に仕切られた透明な小部屋が、どこかで待っているはず。息もで
きないほど潮の満ちたその部屋に、わたしと魚、二匹で暮らそう。
二匹は互いを手なずけて、ひっそりと眠り続ける。

ほんとうは知っていた。
水槽なんて、愛とは無関係に
売りつけられてしまうこと。
振り出しを求めるわたしに
ぱりりと割れる水槽はいかが?
水槽はいかが?

場所を空けたら、寄り添いますか。
背後にたたずむそのひとは
見たら別人かもしれない。
それでもいい、と振り向いてごらん。

遠い雑踏のすみかを追いかけるのは、
「ここ」を無視するためじゃない。
「延長」を探すため。
その魚はもう、あなたへと泳ぎはじめている。
立ちつくすわたしの肩先をすり抜け、
まっすぐに、ゆく。
片袖の焼けたわたしの服が
しずかに揺れる。

あなたが誰かのものになっていく。
触れることもせず、
祈るように見つめるわたし。
彼らの暮らす水槽は
あまりに澄んでいたから。

ーー詩集『わたしたちの猫』(ナナロク社)よりhttp://www.nanarokusha.com/book/2016/10/08/3894.html

-------------------------

【新刊】第3詩集『わたしたちの猫』、ナナロク社より10月31日発売。
文月悠光の待望の第3詩集は、わたしたちの恋の物語
(10月31日~11月8日までに順次、本屋さんに並びます)。

帯文 :雨宮まみ
ブックデザイン :名久井直子

18歳で中原中也賞を受賞し、以降、活躍の場を広げ続ける詩人・文月悠光。初エッセイ『洗礼ダイアリー』も話題の詩人が、詩の舞台で放つのは、恋にまつわる26編の物語。

▶︎書籍詳細
http://www.nanarokusha.com/book/2016/10/08/3894.html

▶︎Amazonにて予約受付中
https://www.amazon.co.jp/dp/4904292707


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

投げ銭・サポートは、元気に書ける環境づくりのために使わせていただきます。主に執筆中につまむ甘いもの、美味しいごはん、安眠グッズです。

気に入って頂けて嬉しいです!
24

第3詩集『わたしたちの猫』試し読み

3年ぶりの詩集『わたしたちの猫』、ナナロク社より発売中▶︎http://www.nanarokusha.com/book/2016/10/08/3894.html 一部の詩を試し読みできます。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。