見出し画像

「自分って何者?」を紐解くプロセス。

皆さんは最近、自分の「プロフィール」書きましたか?まぁ、会社員の方の場合はそもそもあまり機会がないかと思いますが、、、いかがでしょうか。


かくいう私も会社員なので仕事の中でプロフィールを書く機会はほぼありません。でも、自分でイベントを主催したり・イベントに出たりした時には何度も書きました! そして、実は近々、とあるプロジェクトに関わることになったため、この度数ヶ月ぶりにプロフィールを提出することに。「300文字以内」との依頼で、記載例もいただいたのですが、「はて、何を書こう??」と一瞬筆が止まりました。


◾︎今の私って、どんな感じ?


記載例をマネて書くこともできるけれど、はたして私にとってそれがベストなのか?とか、職歴だけ書くのでは面白くないけれど、じゃあ何の要素を足したらいいのか?など、書き始めると【つまり、今の私ってどんな感じなの?】という様々な疑問が湧いてきます。


しかも、文面を作っていると、カッコつけたり、自分を立派に見せたくなる気持ちも顔を出します。それがなかなか厄介ですが、「それなりの人物に思われたいという欲求」は、人間だもの、そりゃ誰しもありますよね。


そんな中でどう自分を表現するか?を模索していくわけですが、私はカッコつけたくなる欲求はなるべくスルーしようと思っています。というのも、カッコつけて書いてみても結局こそばゆく、何より私らしくない。違和感がある。


だから、書きながら必ずチェックするのは「これはホントに私らしい?」ということ。いま話題の ”ハッタリ” ではなく、 ”等身大で私らしいものになっているか” を一番大事にしようと思っています。


◾︎突き詰めると、今の自分が見えてくる。


もし、皆さんもプロフィールを書く機会があったらぜひ「自分って何者?」「これって自分らしい??」を突き詰めて書いてみてください。仕上げるのはちょっと大変ではありますが、今の自分が見えてくるので取り組む価値はあります!


私自身も今回、書いては消して書いては消して、、、を何度か繰り返した末に、「うん、今の私は、コレかな」の落とし所が見え、無事完成させることができました。刻一刻、意外と自分は変わっているもんです。最新状態へのアップデート、オススメします ^^


◾︎こちらのnoteも読まれています◾︎


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

吉田佐香枝@ワーママ人事

企業人事、キャリアコンサルタント/新卒でリクルート→外資→日系メーカーで人事。専門分野は「人材育成」「キャリア開発」。国家資格キャリアコンサルタント。4歳・1歳を育てるワーママ。弾丸トラベラー。本好き・アート好き。

お仕事

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。