美女を落とすための実践的NLP催眠学(心理戦編&肉弾戦編)

女性を落とす上で、知っていてほしいことが、

大きく三つある。

一つは藤沢数希さんの「恋愛工学」。

非モテコミットや、

ACSフェーズなど、

今まで明文化されていなかったものがきちんと定義され、

女性という未知の生物が、科学的に分析された。

恋愛・女というモンスター・迷宮に、

どこから手をつけていいかわからないのだったら、

まずこれを下敷きにして考えてしまっていいくらいの完成度だ。

二つめは僕などの「オープナー」。

「可愛いね」

などのありきたりなものではなく、

ナンパだと思わせないものや、

思われても笑わせたり興味を持たせたりする技を使うと、

「最初の一声」のハードル・難易度がグンと下がる。

そして三つめ。

これが今回お伝えする

「NLP催眠学」

だ。

NLPとは、

1970年代にアメリカ・カリフォルニア大学のリチャード・パンドラーとジョン・グリンダーが、心理学と言語学、サイバネティクス理論やシステム論を元に、セラピーの分野で非常に有名だった「3人の天才」を分析したことに始まる。

3人の天才とは、

催眠療法家の『ミルトン・エリクソン』

ゲシュタルト・セラピーの『フリッツ・パールズ』

家族療法家の『バージニア・サティア』

NLPはもともと、「短期間でトラウマを癒やすためのセラピー」として産まれた。

問題はこれをどう恋愛に応用していくかで、

僕はこれを実践で試してきた。

NLPを意識しただけでコンバージョン率が2倍、

慣れてくると5倍強に跳ね上がった。

そのやり方と結果を書いていくので参考にしてほしい。

この続きをみるには

この続き:5,230文字

美女を落とすための実践的NLP催眠学(心理戦編&肉弾戦編)

godago

1,500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

godago

対女性術関連

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。