中学生団員32 (団員』

他にも友達はいた。

Z君。

Z君は、見るからに富裕層の家のお坊ちゃんオーラがするイケメンで、美輪明宏と江原啓之が見たら眼球破裂するくらい濃いお坊ちゃまオーラを放っていて、言うことはしょうもなかったが、しょうもなさすぎて逆に「オレオモシロイ」感が全くなく、俺は付き合いやすかった。

Z君は実際に育ちが良く、確か小学校からずっと男子校に通い続けているらしくて、そのせいか自分がイケメンだという自覚が

もっとみる

恋愛における番狂わせの魅力とその弊害

こじきちゃんの下記noteにインスパイアを受けて・・というか、思いついたことがあったので書いてみた。

ちなみに前者のnoteは「恋愛界隈は『短期的魅力』重視の傾向があるけど、『長期的魅力』によって逆転することも可能である」ということを、女性側の視点、そして実体験から話されていました。

そして後者のnoteは「ブサメンは遺伝子からやり直せ、3m以内には近づくな」とまでは言っていないですけど、「自

もっとみる

あと何年ナンパできるか知らないけど、後悔のないナンパ活動をしていきたいな。

相手に特別感を与える心理学

今回はおもてなし理論という理論について紹介します。

たとえば、あまり好きではない友達の家に行き、豪華な食事や美味しいお酒をご馳走になったら、その友達のことを少しは見直すと思います。人はおもてなしをされると嫌な気はしません。

そのため、恋愛においても好きな相手におもてなしをするの有効的な手段です。使える方法をいくつか紹介しますのでぜひチェックしてください。 

・ドアを開けてあげる(男女)
・お

もっとみる

非モテ脱却のために捨てなくてはいけない価値観

男たるもの、主体的でなくてはいけません。

世の中では「一般的」と言われていることでも、必ずしもそれが正しいとは限りません。

男が女にご飯をおごってあげなくてはいけないという価値観

自らの好意で女子にご飯をおごってあげるのは、いいことだと思いますが、そこに強迫観念を抱くようになったらおしまいです。

そもそも、女の子がおごってもらうことを必ずしも望んでいるかといえば、必ずしもそうではないもので

もっとみる

準即するためのLINEテンプレート

LINEをゲットした後に考えることといえば「いかにして準即を決めるか」です。

この記事では、LINEゲット~準即を決めるまでの戦略をまとめます。

LINEゲットのときに気をつけること

ストナン師の中には、LINEゲットを成果として考えている人が多いと思いますが、個人的には「LINEゲットは、即には劣る」と考えます。(←当たり前)

また、とりあえずのLINEゲットには、なんの意味もありません

もっとみる

「男は顔じゃない」は、残念だけどウソ

これは昨日、深夜1時の話。

私が歩道を歩いていると、若い男3人の乗った車が突然スピードを落とし、私の隣をゆっくりと並走した。

その全員が身を乗り出してこちらを見つめ、声を掛けるに値する女かとニヤニヤ相談している。

その姿を見つめ返して、お前らは何様なんだと窓ガラスを叩いてやりたい気持ちを抑えつつ、ただ静かにやり過ごす。

そうしてなぜ彼らはイケメンでもないのにそんなことができるのか、不思議に

もっとみる

サポート(寄付・投げ銭)ページ

金額が10万円に達し次第、「旅ナンパ」を決行し、そこで生まれたエピソードを記事にします。

サポートは下にある【サポートする】ボタンを押してください。
(100円、500円、任意金額の3種類から選べます。500円以上サポート頂けると、ブログでは非公開の土産話を特典にしたいと考えています。)

是非、錬にご支援ください。

【新・東カレデート】番外編:ナンパ論についてアラサー女が考察する【前編】

まずはこの記事を一読してくれ!

この記事の中で、経験談をもとに個人的にコメントしていきたいと思います。

>本当に仲良くなりたいなら1人でナンパするほうが断然いいです。(中略)一人で声をかけたほうが、真剣さが伝わりますよ。

⇒これは、納得。

>初心者には繁華街は全部アウトです。(中略)女性からは「不純な目的で声をかけてきた」と思われてしまうわけです。出会いの場として有名な場所は避けるべきです

もっとみる

令和のセックスで女性がイクには1番○○が必要だった

最近、セックス中に失神することが女性全体で減ってきているらしい。

失神はイクの最上級ポルチオの刺激によっておこるのですが、そもそもこれを知らない自己満男で溢れかえっています。

でも、知り合いのAV男優の方やヤリ手の男が言うところによると、、

男性側の知識やテクニック以前に、近年は女性がイキにくくなってるとのこと。

これはSNSの流行と並行して起こっている現象らしいのですが、

SNSの流行

もっとみる