教育は「水」と同じである。

本日もお読みいただき、ありがとうございます。

教員を目指していたことがある、五木田穣(ごきたゆたか)です。


思ったことを書くようにしていますが、

今日は、教育(学び)の質について。


水はすべての源。教育は生きる源。

人間が生きるためには「水」が必要です。

人体の60〜70%は水分です。地球の70%も水分です。

水がなければ、私たちは生きていくことができません。


教育は「水」と同じだと考えます。

この「水」が純粋なものであるか、濁ったものであるか。

「水」の質が大事です。「教育」も質が大事です。


水の質を考えよう。教育の質を考えよう。

水に何か「不純物」が入っていて、その人が病気になったとします。

かといって「水」自体が悪いわけではありませんよね。

これは、水の「質」の問題です。


「教育」の問題も色々取り上げられますが、

「教育」自体が悪いわけではありません。

教育の「質」が悪いだけです。

「教育」自体は、生きてく上で絶対に必要です。

教えてもらうことで、人は育っていく。子供は育っていく。

どんな水を与えるか。どんな水を受け取りにいくか。

それ次第で、育ち方が変わる。


良い水を飲むのか。良い教育を受けるのか。

それが後々に、どんな影響を与えるでしょうか?


良質な水を飲もう。良質な教育を受けよう。

「水」を取ることをやめたら、人は生きていけません。

「教育」をやめたら、学ぶことをやめたら、人は生活できません。


特に現代では、必要な教育を受けているかどうかの差は、

非常に大きいと思います。


大切なのは、水の「不純物」を取り除くこと。水の質を高めていくこと。

不適切な教育を受けないこと。教育の質を高めていくこと。


水を飲む時に考えたいこと。

どんな「水」を取るのか、それは「純粋な水」なのかどうか。

その水は「不純物」が混ざっていないか?「悪影響」はないのか?


何かを学ぶ時に考えたいこと。

どんな「教育」を受けるのか、それは誰から学ぶのか?

その教えに「不純物」は混ざっていないか?「悪影響」はないのか?


「量」も大事ですが、まず「質」が伴っているかが大事です。

質が悪いものを、大量にとると、悪影響しかありません。

結果 = 努力の質 × 努力の量 × 努力の方向性です。


水にしても、食べ物にしても、情報にしても、教育にしても、

とにかく鵜呑みは良くない。

考えること、考え続けること、それが大切かと思います。


あなたは、どんな水を飲んでいますか?

子供に、どんな水を飲ませますか?


本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

スキ!やコメントをいただけると嬉しいです!

それでは、また〜。

五木田穣




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

五木田穣

五木田の頭の中

年間読書数200冊以上、年間神社参拝数500社以上、運動指導歴15年以上の五木田が常日頃考えていることを書き綴っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。