【2.9万RT】底辺デザイナーの私が“デザイン料金表”を作ったわけ。

どうも、平成の終わり汁です。

今回は“デザイン料金表”  について話していきたいと思います。

2017年に投稿したこのツイートがバズりました。

これが最初です。

【それまでの平成の終わり汁のアカウントは…】

特に発信することもなく、運用しようとかそういう考えもなく、平々凡々。
どうでもいいことをつぶやいて仲間内でワイワイするために作ったアカウントでした。(過去、中身のないアホみたいな発言ばっかりしてるんだよね。あぁもう恥ずかしい。)

あと当時はツイッターネームも違ったしね、


2017年、
“デザイン料金表”ツイートした時期、私はなにをしていたかというと……

東京で起業したはいいものの、当時お付き合いしていた方との関係がうまくいかず、
また仕事もうまくいかず落ちぶれに落ちぶれ

すべてに挫折をし、すべてをあきらめて
実家に帰ってゆっくり休んでいた……
ような気がします。

ただ実家に帰っても仕事をふってもらえるように辛うじて話をつけていたような…気がする…のでどうにか生きていけた。

そんな状況。



そんな状況だったけど毎日ツイッターは見てた。ツイッターで友達がなんてことないツイートしてそれにイイネしたりリプしたりするのが心の支えだった。


そんななか、ひとりの友人(デザイナー)が、
ツイッターでイラストの料金についてのはなしをしていた。

“イラスト1枚1000円で依頼されたけど、修正も多い、本当にしんどい…”

みたいな内容だったかと思う。
私はそれにすごくイラついた。

というか、怒った記憶がある。

なぜならその友人は、同じ芸大出身で、私がいうのもなんだけど芸大出てるからには
それ相応に実力がある、保証はされている、4年間学んできたわけだから。

(※ここでの『保証されている』の意味は、“デッサンや基礎的な事、デザインや考え方を4年かけてお金を出して学んでいた”の意味です。
実力を正しく証明できるものではないですが、
1つの目安にはなるでしょう。

それに芸大出身じゃないからといって
安くで仕事を依頼していいわけではないですし、大学や専門学校に行かなくても実力のある、
すばらしいデザイナーなんてたくさんいます。そこを正しく理解していただきたいです。)



で?……その技術を1000円で?

……せせせせせ1000円?
じじじじじ時給ではなく…?…1枚?
(友人の仕事内容の話になるのでくわしくは言えませんが、当然1000円で依頼していい内容の仕事ではありませんでした。)

……修正も多い?


クリエイター軽視どころの話ではない。
もうほぼボランティアというか、なんというか、

クリエイター撲滅運動かな?


1000円出して仕事という枷で時間を奪って
人の生活を脅かすつもりかい?


とはいえ、私がなにかできるかと言ったら相談にのったりすることしかできない。それに、イラストやデザインって結局…どれくらいの値段で、どれくらいの相場が妥当なんだろう?わからん!
そう思って調べはじめました。


手始めに調べたのは
HPで料金表を出している会社を約10社ほど、
それに比較サイトみたいなものを見たり、
ブログを読んだり、
JAGDAの制作料金算定基準を見たり、

それと私の感覚(JAGDAの料金基準も参考にはしましたが、なかなかこの基準通りに料金をもらえるデザイナーの方が少ないでしょう。なので少しだけ自分の感覚を頼りました。)

ざっくりこんな感じです。

だいたい2〜3日くらいで調べ終わりました。

※ここまでの話の流れだとイラストの値段調べるつもりだったんですが、友人はイラストも書けるデザイナーなので、今後たくさん受けるであろうデザインの料金を調べました。

そしてできたのが
このグーグルのスプレッドシートで作った小汚い何も整理されてない

“デザイン料金表”

バズると思ってなかったから、
見栄えなんて一つも気にしてなかった。
とりあえず調べたものを書き出しただけ…。

当時の心境は…
(ほかに誰かの役に立つかもしんないし、ツイッターにあげとくかー。友人におしつけがましくラインで送るのもやだし〜。
役に立たなければそれはそれでいいや…!)

本当にかるい気持ちでポンっとツイートしました。

ツイートしたあとはもうすぐ寝た。
どうせ誰も見んやろ思て。


【翌日】

…めっちゃバズっとるやんけ。

もう祭りですね。バズりって。
怖くて手が震えました。
しかもなんかいっぱいリプついてるし。


ちょっとまって!
そのリプライ、めちゃくちゃ有益…!

先輩デザイナーの方々が普段思ってることを書いてくれたり、フラッと立ち寄ってアドバイスをしてサッと去る。

…カッコイイ、本当にありがたい。

あの時リプくれた方々、本当にありがとうございました。
あなた方のおかげで私自身はもちろんのこと、
考えの引き出しが増えた人、勇気付けられた人、救われた人、たくさんいると思います。


【バズった時に感じたこと】

・人はきっかけさえあれば有益な情報を出してくれる。(真偽は置いといて)

・知ってるけど言える場所がない
(いい情報を持っているが拡散力がない)or知らないけど聞ける場所がない。

・リプ返することによって議論が加速、
もしくは補足情報をもらえて知りたいことがもっと引き出せる。


こんな感じのことをうっすらと気付き始めました。でも、気付いただけで、次に生かせるかはまた別の話ですけどね。

ただこのツイートについた
リプライは情報の宝庫だと思ってます。
皆さん本当にありがとうございます。


だいたいの経緯はこんな感じです。

※今までの長い説明をまとめると…

①友人が不当な扱い受けて困ってるやんけ!私が調べるから待っとき!

②できたやで!でも本人に直接送るのは恩着せがましいし、お節介がすぎるなぁ…せや!ツイッターのっけたろ!

③バズっとるやんけ!しかもなんか優しい人がいっぱいコメントくれてる!ありがとう!【完】

作ったワケを分かりやすく説明するとこんな感じです。


【まとめ】
たかがツイッター、されどツイッター。

バズったからって生活は何も変わらない、
料金表を作ったからって数千円で私にデザインを依頼してくる人はいる。給料も安いまま。本当に何も変わらない。


けど私自身、意識は変わったかな…



こんな私でも誰かのために何かできるのかもしれない。とこの時から模索しはじめました。
ただ調べたり、まとめたりするのにはちょっと時間がかかるので、ゆっくり自分のペースで作りたいものを作っていけたらなと思います。


ここまで読んでいただきありがとうございます。
料金表を作った経緯を話してきましたが、どうでしたか?知りたい内容は書いてありましたか?笑

違うよ!知りたかったのそれじゃないよ!もうちょっと深く掘り下げてよ!って思ったらぜひコメントください…笑
(※自信なし)


ではこれからもよろしくお願いします!

ツイッターはコチラ(@平成の終わり汁


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

299

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
6つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。