「バズる文章教室」

最初、「バズる」って意味がわからんかった。

「短期間で爆発的に話題が広がり、多くの人の耳目や注目を集め、巷を席巻すること、と言った意味で用いられる言い回し。主にSNS等を通じた拡散などについて用いられる。別表記:buzzる」

へー。覚えた。

文芸ヲタクの著者が、小説のみならず、歌詞や宣伝文句、小噺、評論、エッセイ、短歌等、様々な文章を解読して、読者を魅了する法則を示したもの。

好きな三島由

もっとみる

「バズらせ屋」になりたいのか?そもそも何を発信したいのかが重要。

(約 2,600文字の記事です。)

*SNSは多少なりとも疲れる側面がある

だが一方で楽しい瞬間もある。この違いは何だろうと考えてみた結果。よく知っている人とのコミュニケーションは楽しい。反面、よく知らない人からの、よく分からない意見やイチャモンが気力をそぎ落とす。結局、リアルでもSNSでも「理解不能な存在は恐怖」なのである。SNSは、知っているモノと知らないモノとが近すぎて分離できない。だか

もっとみる
あなたが押したのは金のスキですか。銀のスキですか。桜色のスキですか?
4

【備忘録】NewsPicksに掲載された記事について分析してみた

※この記事は2015年4月にブログで書いた記事をnoteに移行したものです

先日、NewsPicksに当ブログの記事「新社会人が読んでおくべき記事15選」が掲載されました。

その結果、凄まじいアクセスが流れ込んできて、アクティブユーザーが150人を超える時間帯もありました。

「こんな貴重な体験はなかなかできないぞ!」と思い、何かアクションを起こさないと……と考えた結果、以下の2つのアクション

もっとみる

綺麗なままなアカウントでフォローを汚したくないという心理

ツイッターでアカウントを何となく開設すると、まずお勧めに芸人やスポーツ選手が出てくる。

そのうち使い慣れて複数のアカウントを使おうとすると、このおすすめの項目を飛ばしてプロフィールを埋めて、フォローの作業に入ると思う。

ファンアカウントなどは簡単に埋められるが、クリエイター系のアカウントをネットで始めようとなってくると、最初に誰にフォローすればいいのか、と迷ってしまうことがある。

クリエイタ

もっとみる

【フォロワー増える】かいちのバズ漫画サービス

どーも、かいち(@KAICHIRO_ISHII)です。

商品やサービス宣伝のために始めたTwitter運用。
でも、毎日一生懸命つぶやいてるのに、なかなかフォロワー数が増えない。

なんてこと、ありますよね?

この記事ではそんなあなたに
漫画でTwitter集客ができる、『かいちのバズ漫画サービス』をご紹介します!

【バズ漫画】漫画投稿でフォロワーを増やす

SNSは、漫画と非常に相性がいい

もっとみる

コミュニティについて考えてみた

まちに関わるとたくさんの人と関わる事になる。

商店街
商工会議所
市役所
個人店
地域団体
政治

などなどもう挙げればキリがないくらいのコミュニティが存在している。

で、やってて思うのがSNSと同じだなーって感覚なんです。

つまり
Twitter
Facebook
Instagram
なんかと同じなんじゃないかと思うんです。

地のつながりの事を地縁とか言ったりします。
その地縁とSNSの

もっとみる

なぜ3Dプリンターを使って精霊馬を作ったのか : 意図的にバズらせたツイートの仮説と背景

2019年8月中旬、令和になって初のお盆にこんなツイートをしました。

日本のお盆の文化として、『精霊馬(しょうりょううま)』というものがあります。地域によって微妙に違いはあるようですが基本的には

キュウリとナスを使って作る、馬と牛型の人形のこと。割り箸や爪楊枝を足代わりに刺す。お盆にご先祖様が早く帰ってこられるように、こっちに来るときは馬に乗って。あっちに帰るときはお土産をいっぱい持ってゆっく

もっとみる

読んでもらえる文章とは?

こんまりこと、近藤麻理恵さん、世界的なブームですね。

もう何年も前から「人生がときめく片づけの魔法」流行ってますね。

2010年にでた本が、全世界700万部だそうです。

一方で、「ときめく物」を残すという点やときめく物で暮らすというアプローチうは素晴らしいですが、

こんまりさんの片付け方は、いらない物を捨てて、必要な物を残すという

定番的な方法です。

それを「ときめく」というワードで一

もっとみる