「ないものはない」

最強で最悪の戦略。

そもそも人生って、、、戦いじゃないんだけどね。。。(自分との戦いと言うのは勝手だけど。。。)

あくまでも自分を特定させない。

そうやっていると周りが勝手にいらだって色々仕掛けているうちに失態を犯してくれる。

自分にとっての幸せなんて「ない」。他人の失態を眺めて、自分は失態は犯してないってちょっと安心できればいい。

楽ちんだね。

そりゃみんなマネするさ。

待ちやしばし静観ってのはある。でもそれは自分が何かを見たいと思っているから。その何かとは、他人の失態ではない。その先。他人の失態は哀れだけれど、それを補って余りある何かがおぼろげにでも見えているからこそ待つ。

責任感も生まれる。きっと骨は拾ってやる。

楽ちんではない。

まだないけどきっとある。

それを信じるのは案外難しい。

けど「何かあるな、、、」って感じるの、、、止めらんないからね。人間って。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。ついでにフォローもいただけるとうれしいです。
2

Hakushi Hamaoka

触発されたもの

ネット徘徊していて触発されて書いたものたち
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。