【今週のAI記事厳選!】 AI界隈注目記事まとめ #14 (8/5~8/11) | AI Academy News

Google はどうやって Deep Learning でメモリ使用量を 99% 削減したか。

人間のキャッチコピーをついにAIが凌駕、JPモルガンがAIキャッチコピーを採用することに

【約100社】AIなどを駆使して将来予測を行う企業をまとめた「Forecast Tech カオスマップ」が公開 −ゼノデータラボ

1枚のイラストからアニメーションを自動生成するディープラーニングエンジン「De

もっとみる

誰かが正しいのは一時だけ

昔のスタジオのバイト仲間で、よくレコーディングを手伝ってもらってた友だちが言ってた。

世の中天秤だって。

ちょっと前まで「こっちが正解」だったのが、ある出来事をきっかけに真逆の「こっちが正解」になることだってある。

サトーカシワさんって人も、書いた本で似てようなことを言っていた。

「ルールを作ったもん勝ち」だって。

今朝、Twitterからのリンクで読んだ記事には、「未来は予測できない」

もっとみる

【今週のAI記事厳選!】 AI界隈注目記事まとめ #13 (7/29~8/4) | AI Academy News

「日本はAI後進国」ソフトバンク孫社長の“檄”と“展望”──投資先ユニコーン企業4社のAI活用事例

AI人材教育は「2階建ての家」のようなもの −立教大学が大学院にAI専門の研究科を開設する理由

AI活用した反社チェックツール、問い合わせ対前月比713%急増。闇営業問題が影響か

東北大、AI活用に注力 スタートアップ立ち上げや教育必修化

東⼤松尾研発 AI総合研究所「NABLAS」が東京

もっとみる

失業率から日経平均株価の天井を分析した結果を公表する

このページでは、アメリカの失業率から株価の天井を時期を予測します。

予想ではありません。予測です。

「予想」とは自分の主観で考え、判断すること。 ・「予測」とは何かしらの根拠や基準をもとに客観的に考え、判断すること。引用先:https://hinative.com/ja/questions/3213655

なぜ失業率なのかと言うと、株価と失業率は高い相関性を持っており、失業率が低い時は景気が

もっとみる

山伏の修行した山を登る -忍術的身体の使い方を考える-

「山伏の修行した山を登る -登山で気づいた感覚について-」の続編、第2弾です。今回は忍術的な登り方について、実際に自分が行った方法を元に書いていきます。

第1弾「山伏の修行した山を登る -登山で気づいた感覚について-」
https://note.mu/kiyo_design/n/n4578b3e984ca?creator_urlname=kiyo_design

あくまで現代忍術研究としての登山

もっとみる

俺たちが学ぶべきことを予測する

あんたにも子どもがいたりするのかな?

俺の家の息子は小学2年生。今は掛け算を絶賛暗記中だ。

俺たちが子供の頃もありとあらゆる習い事をしていたもんだが、そのあたりは今も変わりがない。っていうか、学びの範囲がいよいよ多角化してきている。

俺らの頃は想像もつかなかったプログラミング教室なんてものもあるし、普通に小学生は英語を学んでいる。

そうかと思えば空手のような体を使った学びもきちんとあり続け

もっとみる

カスタマーセンターの記録のされ方予測と、久しぶりに思い出したジェネシス

カスタマーセンターに不安感を抱いたひと言たちhttps://note.mu/3hashi/n/nc95fe68d5eb4

この投稿の続きです。ここの「メンテナンス」の業者についてです。

「情報共有されているので他の者でも対応できます」と言っていたが、対応できていなかった。それは『ふような情報』や『カスタマーセンター対応者にとってネガティブな内容』は、申し送り事項としてはノイズと見なし記録してい

もっとみる

百年前の二十世紀(未来を見通す力)

先日、自身が主催する読書会に持ち込んだ書籍は、個人的には夏休みの読書におすすめしたい本の一つです。来るべき長期休暇には、じっくりと読書し、普段考えないことなど思索にふけることも自分の肥やしになるのではないでしょうか?少しだけ僕の今年の夏の推薦本のご紹介にお付き合いください。

1.誰のどんな書籍なのか?

著者は横田 順彌(よこたじゅんや)さん、1945年生まれ(73歳)のSF小説家で戦前の日本で

もっとみる

バブル相場は○○○と△△△の逆転現象により起きる

今までブログで情報発信していましたが、金融YMYLに引っかかりブログがほぼ死亡したので、noteに移行したいと思います。

移行に伴い、情報の有料化をしたいと思います。

4年間、無料で全公開していただけに、有料化に対してご批判があるかもしれませんが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

今まで趣味としてやって来た部分が大きかったですが、少し仕事としてやってみようという気持ちでいます。

もっとみる

注意しない工夫とは

障がいのある方が学校や日中活動に行くためのサポートに通学通所支援事業というのがあります。必要な時間帯だけヘルパーが付き添ってくれる制度です。しかし、ヘルパー不足で十分に機能していません。また、サービス中にトラブルも多く、ヘルパーも困っていることがあります。

困りごとのひとつにバスの中ですぐにボタンを押してしまうというのがあります。

あるヘルパーが言っていました。
「座れるときは一緒に座って、ボ

もっとみる