J's Magazine12 京アニ事件について、 巨匠ジョアン逝く。 BCC、Youtubeチャンネル開設。

京都アニメーション焼失事件について

凄惨な事件が起きてしまいした。2016年に起こった相模原障害者施設の事件が戦後最大の大量殺人事件だったのですが、令和そうそう更新されたという事実に驚くばかりです。

京アニの作品は日本だけでなく、世界中で愛されているのでTwitterでは #prayforkyoani のハッシュタグ、その他 Help KyoAni Heal という名で募金が始まり、早くもゴー

もっとみる

わたしにできる事

日本の大きな宝を失って、「できること」について考えています。

悲しい悲しいと考えているだけでは、きっと前に進むこともできないし、残された作品たちがすべて本当のバッドエンドに向かうのは、本当に悲しい。

何かを作るということは、宝だし、ずっと残っていく。

今回の事件に限らず、人が一生の中で創り出してきたすべてのものは、ずっとずっと後世に残っていくと思っています。

なんでもいいから「できること」

もっとみる

京都アニメーション放火事件。
現場は職場の近く。
交通規制、消防車、救急車、パトカー。
ネットで刻々と増える死傷者数。
大好きなアニメ、京都の誇り。
仕事帰りの電車で思う。
亡くなった方は2度とこの電車に乗ることはない。
その家族が悲痛な思いで乗っているかもしれない。
心から合掌

デニス・テン選手一周忌〜名演技を振り返る〜

先日、映画音楽について語った記事でエンニオ・モリコーネによる『ニュー・シネマ・パラダイス』のテーマ曲「Cinema Paradiso」について触れました。
 
この曲は『ニュー・シネマ・パラダイス』のテーマとしてももちろん素晴らしいですが、フィギュアスケートのプロクラムとしてもよく使われています。
そしてそのプログラつのひとつに、昨年の7月19日に25歳の若さで亡くなったデニス・テンのものがあり

もっとみる
ありがとうございます!少しでも楽しんで頂けたなら幸いです!
1

2019年7月18日

朝の10時30分
静かなテレビの真ん前に
銀の瑪瑙を
並べゆく。

光を当てると
オパールとなる
不思議なもの。
中の世界は
果てしない。

音を奏で
やんちゃをし
眼帯をして
手紙を書く。

汝の生み出す
金剛石は
我が青春の
輝きだ。

あの日の虚しさ
心を蝕み
地の底の手が
引きずりこむ。

もがきもがき
光を見る。
瑪瑙、オパールを
映し出し
あの日の高揚
蘇る。

我が青春は
永遠となる

もっとみる

哀悼痛惜

京都アニメーションにおける放火事件に巻き込まれ、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

怪我をされた方々の一日も早いご快復をお祈りいたします。

日本のアニメーションの未来を担う、数多くの命が、このような形で奪われてしまったこと、心痛の極みです。

京都アニメーション制作のアニメは名作揃いで、「京アニなら期待できる」というバイアスがかかるくらいに、わたしは京都アニメーション制作のアニメが好

もっとみる

私の話をしようと思う。3

あらすじ:弟が死んだあと私は音大行ってリア充!

音大での毎日は充実していた。4年になって現場に出るようになってからは、あまり授業に出られなかったけど、貯めた単位があったので卒業はなんとか出来そうだった。

だが9月頭、オペラの師匠が自殺した。

その一報を受けたとき、今まで何事もなく立っていた地面が突然崩れ落ちたように感じた。
先生に相談すればオペラのことは何でもわかる…現場大変だけど大丈夫! 

もっとみる

京アニ。

亡くなられた方のご冥福をお祈りする。また負傷された方がどうか早く良くなりますように。

強くあることは本当に大変なことだし、なおかつ強いということは孤独ということでもある。

それが、人の世だからな。人間は神ではないから成長できる。

『酒飲んでワーin赤坂自民亭』から一年。今の自民党は国民に目を向けているのだろうか

梅雨となり毎日のように、時には小ぶりに、時には激しく雨が降っている。この季節の雨音で想起されるのは去年のこと。甚大な被害をもたらした西日本豪雨災害(正式名称:平成30年7月豪雨)から一年になる。各地方新聞が今年の7/8から7/10にかけて当時の状況を振り返っていた。

 当時はTwitterでは死への恐怖がリアルタイムで飛び交っていた。私の知り合いのA氏は救援要請を出したが救助されず、十数時間も屋

もっとみる

自分を傷つけないと、ことばで人の心を動かせない

ネットの恋愛記事はとにかく無難だ。恋愛は人それぞれの価値観が反映する多種多様な出来事なので、恋愛記事は多くの人に共感されるために「まあそうだよな〜」とうなずける無難な内容を書く。最後にいかがでしたか?と聞かれても困るくらい、ありがちなノウハウが並んでいる。暇つぶしとして読むのは楽しいけど、ネットの恋愛記事で覚えているものは全然ない。スラスラと文字が心の中をスワイプされていく。

今朝のニュースはジ

もっとみる