見出し画像

高いと売れないと思っていませんか?

こんにちは。
ハンドメイド作家のnezuです。

今日は「ハンドメイド作品の値段」の話、二回目です。
値段を決めるのは、自分の気持ちが大事なので、自信があるものなら思い切って高い値段をつけよう、というお話です。
ちなみに、過去noteはこちらです。

過去note
「ハンドメイド作品の値段の付け方」

値段の付け方は1つじゃない

前回の過去noteで、「原価を出して、自分が続けられるような利益を乗せた価格にすることが大切」という話をしました。
あくまで、この値段の付け方は数ある方法の中の1つで、値段の付け方は他にもあります。

たとえば、しっかり時給を計算して出す方法もあります。自分の時給は「2000円」だと思えば、その作業時間分を値段に上乗せしてもいいと思います。
ハンドメイドでしっかりと時間を価格に乗せていると有名なのは、セーターなどの手編みのファッションブランドを展開されている「気仙沼ニッティングさん」です。何十時間という時間をかけて編まれる手編みのセーターは、大変高額になります。
機械編みのセーターが数千円で購入できるなか、十万円を超えるセーターは普通に考えれば現実的ではないように思いますが、予約が数か月待ちになるほどの大人気です。売れる理由は、セーターそのもののデザインや品質が良いというだけではなく、「どんなところで」「どんな人たちが」「どんな想いで」作っているか、という背景がブランドイメージとしてしっかりとお客さまに伝わっているからだと思います。

たとえ相場から外れた価格であっても、その作品が作られた背景がきちんとお客さまに伝わって、お客さまが納得すれば、それは「購入される作品」になるのです。

安かろう、悪かろう?

昔からよく使われる言葉に「安かろう、悪かろう」という言葉がありますが、その意味は「値段が安ければそれだけ質が落ちるであろう。安い物によい物はない。」という意味です。

私たちは普段の生活でものを選ぶときに、値段で品物の品質を勝手に想像しています。
たとえば予算は1万円くらいで、男性に向けて「ベルト」をプレゼントを選ぶとします。同じようなデザインと色、素材感で、「8000円」と「12000円」のベルトがあり、あなたはどちらにしようか迷っています。この値段から、あなたはどんな想像をするでしょうか。

似ているけど、どうして値段が違うのだろう。
作り方が違うのかな。製造国が違うのかな。素材が違うのかな…。

いろいろな想像をすると思いますが、8000円と12000円だったら、当然12000円の方が「品質が良い」と思ってしまいませんか?

これが、値段の魔法です。
私たちは「高いものの方が良いもの」だと勝手に想像してしまうのです。モノの本質が分からないとき、私達は値段でモノの価値を判断しようとしてしまうのです。

2つのベルトの4000円の価格差を、私たちは勝手に「品質の違い」だと想像しましたが、もしかしたら、「販売の手間賃」や「輸送費」、もしくは「ブランド」かもしれません。でも、購入者は勝手に「高い方が品質が良い」と思い込んだのです。

値段=ブランドイメージ

この続きをみるには

この続き:1,293文字

高いと売れないと思っていませんか?

ハンドメイド作家nezu

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事を書くサポートをして頂けますと、嬉しいです!

見てくれてありがとうございます♪
7

ハンドメイド作家nezu

【4/16 「note公式マガジン」に掲載していただきました】 自営ハンドメイド作家です。ハンドメイド作家を生業にしたい方に向けた知っておきたい情報を書いています。ほぼ毎日更新です。

ハンドメイド販売のテクニック

ハンドメイド販売の中級者さん向けのnoteを集めました。
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。