なさじ課長

役職が高いほど「隷属性が高い」と思われているんだな、って思った話。

先日、珍しく、なさじが所属するグループで飲み会を開催した。

飲み会自体は嫌いではない。
けど、「組織として懇親会を開催する」って言うと、なんとなく強制力が漂うのが好きではない。
けど、まぁ、メンバーから「開催しようと思います」と声が挙がったので、「いいね」と賛成して、それは開催となった。

日頃、みんなとはあまり顔を合わせない「部長」もお招きしたのだが、メンバーたちともけっこう盛り上がっているよ

もっとみる
ありがとうございます!このスキがあるからなんです
59

「察してよ」は、通用させたくない。

ルールに縛られるのが大嫌いな私だけど、ルールをつくることだってけっこうある。



例えば、分担がはっきりしてないような仕事が残っていて、帰っていいのか悪いのか、迷うような場面。こういうのが、すごくイヤ。「よくこの空気で帰れるね」とか言われそう?そういうのが、すごくイヤ。働く場面において、出来るだけ「察して」は取り除きたい。

なので、仕事の分担に関しては、細かすぎるぐらいにルール化する。これは

もっとみる
ありがとうございます!このスキがあるからなんです
55

管理職って何を管理するの?

「管理」職って言いますけど、何を「管理」するんでしょうね?

「管理」を調べてみると。

よい状態であるように気を配り、必要な手段を(組織的に)使って取りさばくこと

ほぉ~、思ったより”取り締まり感”が無いです!
いい感じですね。

ちなみに、「取りさばく」ってなんでしょう。
「適切に処置する。うまく対応する。」って意味でした。

で、戻りますが、

管理職って、何を管理するんでしょうね?

もっとみる
ありがとうございます!うれしいです。ありがとうございます!
51

「厳格」は、いりますか?

「厳格」といえば、なさじでしょうか。


いえ、すみません。上司としても、父としても、「厳格」とは程遠いところにいるような気がします。

なんだか、「厳格」は、時代遅れ、的外れと言われることが多いし、「厳格な上司」よりも「親切な上司」の方がチームのパフォーマンスは上がる、なんていうのもよく聞いたり見たりします。

でも、本当にそうなんでしょうか。

まず、「厳格」の意味は、

規律や道徳にきびし

もっとみる
ありがとうございます!うれしいです。ありがとうございます!
39

前例やお行儀なんか気にせずに、パフォーマンスを最優先させるときがあってもいいんだ。

すごいアイデアとかヒラメキが、自分から出ることをもっと信じた方がいい。

そして、どんなとき、それが生まれるかを気にした方がいい。

それが出るときの環境や状態がわかれば、その状態に持っていくことを最優先にすればいいし、それを素直に実現させることをすればいい。

でも、だいたいは「前例」や「隷属」が邪魔をする。隷属とは支配を受けて言いなりになること。自分がもっとすごいものを生み出す可能性を信じよう

もっとみる
ありがとうございます!うれしいです。ありがとうございます!
54

昨夜、会議の最中に別の考え事をしながら、紙に絵を描いてたら「あ!そういうことか!」とひらめいて、つながった。

『技術者本人が望むキャリア』と『会社が望む技術者のキャリア』と『顧客』の関係性。それと『変革』について。

今日はこれを軸にまた新しい絵を描いてみよう。ワクワク。

ありがとうございます!うれしいです。ありがとうございます!
43

周りは欲しがらないけど私は欲しいのだ。

10月から我がチームの体制変更をしようとしている。

新しい人を入れようとするとき、わりと他では欲しがらない人を入れることが多い。たぶん、他の管理職と物差しが違うのだと思う。

だいたい他の管理職を見ると、「フィットしやすそう」という名目で、『面倒が無さそうな』『言うことを聞いてくれそうな人』を選ぶ。

うちはちょっと違うような気がする。

今回も、他チームでメンタルをやられて休職してた方が復帰す

もっとみる
ありがとうございます!このスキがあるからなんです
63

「責任者」と書いてある帽子の使い方。

たまに、「責任者」を名乗ることがある。

実際に「責任者」ではあるが、そんなに、わざわざ「責任者」を名乗るようなことはしない。

では、どういう場面で名乗るかと言うと、担当者たちが責任者に頼りたいであろう場面で、私は「責任者」の帽子をかぶる。だいたいは、みんなに背を向け、私は外側を向いている。

ふと、他の責任者達を見ていたら、違う帽子の使い方をしていることに気がついた。

その責任者は、仲間たち

もっとみる
ありがとうございます!このスキがあるからなんです
61

私は、タイルとタイルの間の目地としてでも輝こうと思っている。

なにやら、最近、「折衝」ばかりで疲弊しています。

「折衝(せっしょう)」とは、できるように話し合い、折り合いをつけることを言います。元々は中国から来た言葉です。「衝」には「衝く(突く)」という意味があり、孔子が使った「相手が衝いた矛先を折る」という言葉が由来とされています。

A社の部長と交渉して、折り合いをつけ、A社の課長に言いにくいからと、私が間に入ってみたり。B社の部長と当社の営業に挟まれ

もっとみる
ありがとうございます!このスキがあるからなんです
56

世間は減点主義であふれているのか?そんなことないよね。

自社、他社ともに、権限を持ってそうな人ほど、驚くほどに自分では決めない。

こちらに決めさせようと仕向けてくる。

「自分が責任を持たない状態にするというスキルが高い」から、偉くなってるんじゃないの?って思っちゃうぐらい。

自分の立場を失わないように、減点されないように、身をひそめ、目立たぬように、生きているのかな。

先に決めた人、先に動いた人に対して『評論』や『批判』、『棄却』といった得意の

もっとみる
ありがとうございます!このスキがあるからなんです
53