ぽん活

コラボレーションできるのも一つの強みだと思う。

よく周りから見ると自信満々で、自分の足元をきちんと見ているしっかり者というイメージで見られていることが多い(ように思う)。

でも自己評価では全然そんなことなくて、自分は「何者」でもないと悩んだ時期もある。

朝井リョウさんの『何者』を買って読んだりもした。

最近も、ありがたいことにいろんなことをさせてもらっているが、自分じゃない誰かの力を借りてできている。

マネージャー仕事はもちろんのちさん

もっとみる

ことしの秋やりたいことと向かう先

きょうは三連休最終日、この秋でやりたいことを考えてひとりわくわくしたり、やりたいこと多すぎて時間足りるのかな、とか考えたりしていました。

さっそく話は脱線するんだけど、昨日は #非公式noteカメラ同好会 が発足し、僭越ながら先生なるものをさせていただきました。その様子は、うすいよしきさんが詳しくまとめてくれたので、こちらをご覧ください。

さて、ことしの秋にやりたいことの話にもどると、まず一つ

もっとみる

「反射神経」で生きてきたら起きたこと

ストレングスファインダーで「慎重さ」が上位にくるぼくが、最近は反射神経でいろんなことを決めている。

いろいろリスクとか考えて、メリットデメリット考えて、意味とか考えて、さて行動しようかという慎重さとは逆の行動をしてみたら、めちゃくちゃ人生が面白くなってきた。

遡ること半年前には、伊佐さんの #旅と写真と文章と というコミュニティにぴょこんと入ったとこくらいから反射神経ゾーンに入った。

4ヶ月

もっとみる

「和」をまなぶ

今日は、山越栞さんのお誘いで、初めてのお茶会に。

普段はコーヒー、コーヒーな僕ですが、畳の上で夏の終わりの風が吹き抜ける部屋で、人生に大事な話を聴きながら、お茶をいただきました。

お茶の先生のお話にもあったんだけど、やっぱりぼくは日本が好きです。

畳に座れば落ち着くし、セミの声に季節を感じて、和菓子の中にもこれから来たる秋が隠れていて、味だけじゃなくてお茶を点てるまでの所作を楽しんで。こうい

もっとみる

面白いことをたくさんしたい

最近、全ての週末が楽しみなのでそんな話をひとつ。(ほんとは明日が来るのを毎日楽しみにしてるのがいいんだけどね)

最近はやりたいと思ったことを全部言うようにしてる。そして言ったことは行動に移すようにしてる。

ただ、行動に移すというと偉く聞こえるけど、ほんとに小さなことで気になった人にリプ飛ばすとかDM送るとかそんなこと。それも立派な行動だよね。

さて、ここまで来るとあとに引けなくなる。
会いた

もっとみる

朝、鉄瓶で白湯をわかす

せっかく和室のある家に引っ越したので、自分が好きな工芸品や日本のものをちゃんと生活にとりいれて暮らしたいって思う。

じゃないと、「日本が好き」も「茶道やってます」もなかなか薄っぺらい。

とはいっても、良質だからこそ、工芸品はそれなりに値が張る。
26歳フリーランスの収入はそんなに潤沢じゃない。

でもこんなとき、「日本の古いものが好き」ってけっこうラッキーなのだ。

実家から、宝の持ち腐れのよ

もっとみる

古いお家に引っ越しました

日本の文化を尊重しつつ、イマっぽく生きるには?

ほそぼそと発信している「#ぽん活」ですが、これには自分なりの野望があります。

母がやっていたことがきっかけで、茶道を習い初めて早10年。

お茶を通して学ぶ日本人の精神性も、お茶席に出てくる素晴らしい工芸品も大好きで、感じるたび、触れるたびに心がぎゅーと締め付けられるようにときめきます。

言語化しにくいこの感情、本当に好きなものにしか生まれない

もっとみる

#ぽん活 プロジェクト、進みつつあります∩^ω^∩🇯🇵