まいにち日記部

トルコ2人旅珍道中①

唐突ですが、トルコ・イスタンブールを旅しています。旅の終わりは未定です。

「もう嫌だ」と思ったら明日にも終わるかもしれないし「もっとこの場所にいたい」と思ったら住むかもしれないし。
今の所、1日に何度も外から聞こえるアザーン(イスラム教のお祈りの声)も、3歩歩けばするりと足元にすり寄ってくる圧倒的な猫数にも、頭上を思いっきりハイスピードで飛んでいくカモメも、隠れ家みたいな屋根裏部屋も気に入ってい

もっとみる

すっきりしたい火曜日の夜

目に飛び込んでくる情報

耳に聞こえてくる音楽

いつもなら興味を持って、ぽちっと画面を押したり、一歩踏み出してみるはずなのに

その一歩が踏み出せない

ほんのすこしのことなのに

するりするりと通り抜けてしまう

お盆休みが終わって、仕事が始まって、忙しさはあっという間に戻ってきた

あれもやらなきゃ、これも・・・
○時には起きて出発して・・・

あっ!忘れ物・

もっとみる

こんなに早く駆け抜けていってしまうなんて、2019夏

大好きな季節、夏。

海にはしゃぎ、野球を堪能し、実家でのんびりし、そして今。

ちょうど雨も降って暑さもひと段落しようかという時期にさしかかってきた。

ちょうど、これからの予定がなくなった今。

急に身軽でいたい、気になるものを減らしたくなって、ネイルもマツエクも外した。
実家でゆったりと美味しいご飯を堪能したからなのか食欲もすっかり落ち着いて、お酒も特に飲む気にならなくなって。

そうしたら

もっとみる

親孝行はいつしてもいいと思うけど、やっぱ早めの方がいい気がする。

今年は両親に絶賛親孝行中である。

いまは、まだ近くに住んでいるのだけど、父の定年の関係で両親は11月には東海から東北の方に移り住む。
わたしは東海に残る。

だから、出来る限り家族でいられる時間を作れたらなと思って、
今まで育ててもらった恩を少しでも返せるように旅行の費用を負担してみんなで旅行に行ったりしている。

25年分を返すなんて、そんな数年じゃ難しいけれど、少しでもわたしの気持ちが伝われ

もっとみる

定期的に甘やかして生きていきたい

最近、noteが書けない。本当に、ぜんぜん書けない。

いつもならフッと文章が降りてくるんだけど、ここ最近はnoteの入力画面を開いたまま、「うーん……」となってしまう。どうしてなんだろう。

だいたい、Twitterでつぶやくこととか、noteで書くことって、日常の何気ない時に浮かんでくるもので。「フッと文章が降りてくることがある人って一部らしい」みたいな話をどこかで聞いたことがあるのだけど、ど

もっとみる

保育士になりたいともなりたくないとも思っていなかった。

高校3年になる直前の春、母がリストラされた。(たしか、リーマンショックの影響だったと記憶しているけど、本当のところはわからない)



田舎の進学校に通っていた私は、当たり前に大学に進学すると思っていた。志望校は当時の有名私立大学。大好きだった海外文学に想いを馳せ、将来は海外の絵本や児童文学の翻訳にたずさわりたいと思っていた。



母は再就職に苦労した。資格を持っていなかったからだ。新卒で勤

もっとみる

旅に 出たくなりました。

先日 この記事
https://note.mu/hina_ono_hana/n/ne63832f0d6cf )で
.colonyのことに触れたけれど、

住人さんたちは
多分、ほとんどが
わたしより 若い子たち。

今まで 自分と同じくらいか、
自分より
年上の方との交流が多かったので

色んなことが
刺激的で

知らないことだらけで
少しだけ 浦島太郎な感覚。笑

異国の地に 来た感

もっとみる

中国でわたしは。-vacationを手に入れたお話-

ネットワーク規制。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

今来ている中国では、国の政策によってVPNに規制がかかっている。
日本で日常的に使用しているLINE、Twitter、Facebook、Googleが使えない。使えないと言っても、全く遮断されているわけではなく、通知だけはたまに来る。それも、TwitterとFacebookだけ。

一方、中国発祥のWeChatはもちろん使え

もっとみる

いつもより!マーク多めで

時間だよ・・・!

そう急かす声

わかってる

自分でもわかってる

もう今日が、8月19日が、終わるって

昨日までお盆休み、今日から仕事が始まった

久しぶりの仕事に少しずつ調子を取り戻しつつ、1日を終える

普段通り終わったはずなのに、急遽頼まれた仕事であたふた

はやく家に帰ってnoteを書いて、ゆっくりお風呂で汗を流して、軽くごはんを食べようかなと思った計画は、破綻だ!

仕事を終えて

もっとみる

仕事で「仲良くなる」必要性とは如何に?

仕事での人間関係ってみんなはどのように考えているのだろう。

今年入った新入社員の考え方がとても独特だった。
新入社員なんて入ったばかりでわからないことが多い。ゆえに間違えを指摘されたり、怒られたりなんてことは日常茶飯事だと思っている。

言い方がきついと思うこともときにはある。けれど、それが「もう少し先輩と仲が良ければ、良い方がきついと思ったとしても許せるのに」なんて思ったことはない。

仕事場

もっとみる