インテルレート

中身で勝負してみる?仮想現実での生き方。

人間は「外見より中身」を大切にするのか。それとも「見た目が9割」なのか。もし、この世から「外見」や「見た目」という判断基準が消えたなら……。

さて、こちらのキュートな女の子。
名前は「imma」さん。

参考:CGWORLD(2019年1月発売)より

彼女はCGで作られた架空の女の子なんです。

首から足は生身の人間です。顔部分を3DCGで作成して、実際に撮影した写真と合成しています。彼女は、

もっとみる

文化を守る「ノブレス・オブリージュ」は、やがて民衆へ。

Kimono Solutionwear™ と商標登録した米タレントのキム・カーダシアンさん。補正下着をソリューション(=解決策)と表現していることに、上手いなあと感心してしまいました。

ルイ・ヴィトンの「KIMONO」というバッグは何も言われなかったところをみると、問題の在り処は「KIMONO」を製品名に使ったことではないのかもしれません。

これに関して「文化」の盗用という言葉が頻繁に使われて

もっとみる

今年のトレンド「泊まる」と「暮らす」の他拠点生活。

出張の多い私は、訪れた土地で手相鑑定してもらうという楽しみがあります。5年前のある夜、高知県の帯屋町商店街を歩いていました。

「あなた、住所が無いのですね」と鑑定士さんに言われ、当時の私はほとんど家に帰らない生活で、たまに広島に帰っても、荷物の入れ替えしてまたすぐ出ていき、確かに住所あるようで無いわ…と妙に納得でした。

私の行動範囲は地方と呼ばれる地域が主です。東京への憧れも人並みにありました

もっとみる

動画に疲れていませんか?音声メディアが好まれる今。

最近テレビを観ることがなくなりました。YouTubu の動画も含めて、目と耳で情報を得ることに、疲れてきたという人もいるのではないでしょうか?

今、映像や動画に変わって、音声メディアが注目されています。

例えば、シマラヤジャパンが展開している「Himalaya(ヒマラヤ)」は、中国で5億人のユーザを持つ音声配信アプリで「Podcast(ポッドキャスト)」と似ています。

大きく違うところは2つ

もっとみる

PHP研究所「THE21オンライン」掲載いただきました。

先日 note にアップしたものがこちら。

・ネットのハチ公前になりたいオンラインサロン。
・閉じ行くインターネットの世界へようこそ。

この2つの記事を、まぜまぜこねこねして、できあがったものがこちらです。

森下専属の高橋編集長、そしてPHP研究所の吉村編集長に心より感謝申し上げます。

森下 えみ

もっとみる

生涯スポーツとして「eスポーツ」を選択できる日。

地方創生の一環として「eスポーツ」というワードが、しばしば使われるようになりました。流行り言葉をとりあえず使っとけみたいなこの「雑な」感じが、個人的にすごく好きです。

日本の人口減少は止まりません。地方創生が「人集めとお金集め」のためであるなら「eスポーツ」はどの施策よりも、コストを抑えて目的を達成できるかもしれません。

そう思ったのは、20代の単身者との会話でした。
「eスポーツ」に必要なも

もっとみる

たかがゲームかスポーツか「eスポーツ」の市場未来。

私が中学生のとき、帰宅すると弟の友人たちがテレビ前を陣取っていました。同じゲームソフトを持ち寄り、ご丁寧に30分交代でゲームをしていて、なぜわざわざ集まる必要があるのか、ずっと疑問でした。

その答えを「eスポーツ」という競技が教えてくれた気がします。

エレクトロニック・スポーツの略である「eスポーツ」は、簡単にいうと、競い合う「ゲーム」のことです。

”たかがゲーム“ と思われがちですが、なか

もっとみる

新元号が発表されて1時間後にできるビジネス。

新元号「令和」が発表されるのを、フェイスブックのライブ配信でみていました。みなさんはどんなツールで発表を見ていましたか。

インスタグラムでは、3/29に、「新元号告知のライブ配信告知」がストーリーズで投稿されていました。

▼実際の画像(首相官邸Twitterより)▼

ストーリーズへの文字の入れ方も面白くてセンスあって「桜を見る会」の安倍総理とジェネ涼太くんのコラボや、バイきんぐ小峠氏との「

もっとみる

閉じ行くインターネットの世界へようこそ。

無料の情報提供は終わった。
今、インターネットの世界は閉じようとしている。

そう思ったことはありませんか?

先月7日、米フェイスブックのCEOは大きな方針転換を決めました。これまでのオープンなプラットフォームから「プライバシー重視のプラットフォーム」へ転換する構想の概要を説明したのです。

かなり前から、LINE、TikTok、Snapchatなど、個人間のやり取りを好む兆候は出ていました。

もっとみる

ネットのハチ公前になりたいオンラインサロン。

40代の友人10人に、オンラインサロン何か入ってる?と聞いてみました。
返ってきた答えは「え?美容院?」「エステのこと?」

あれ、世間の認知度って意外に…………。

私はオンラインサロンの説明をするとき「新聞」に例えます。

オンラインサロンは「新聞」の語源「新しく聞いた風聞、新たな話題」を記すという役割によく似ています。月額料金を払うことで、新しい情報を常に得ることができ、新聞のようにカテゴリ

もっとみる