エムアンドエー

事業を拡大させる最短の方法は?|M&A BANK Vol.194

業界の中で突出するために

島袋
具体的には、どういう事業がシナジーを生むなと考えられたんですか?

内山
たとえば、BtoBマーケティングの領域では、お客様に何か物を売りたいとなると、最初はその商品を認知してもらって、その人が買いたいという気持ちになり、そして今度は営業する先・買っていただける方を探し、そして最終的に営業に行くというプロセスがあるわけです。

最初の方はどちらかというとCM的な要

もっとみる

ごく自然に、順調に決まったM&A|M&A BANK Vol.193

M&Aのきっかけは、まさかの

島袋
どういうきっかけで先方の社長に会ったんですか?

内山
これが面白くて、営業なんですよ。
うちの営業のメンバーがヒト・コミュニケーションズに営業していたら、安井社長が出ていらっしゃることになったんです。

それを営業から聞いて僕も行くことにして、
うちの事業の説明をさせていただいたのがきっかけです。

島袋
ということは、ある種それもインサイドセールスでアポを

もっとみる

創業社長が喜んでグループインしたM&A|M&A BANK Vol.192

あのオリラジの広告の!

島袋
今日はSALES ROBOTICS(セールスロボティクス)の内山社長に来ていただきました。
よろしくお願い致します!

内山
よろしくお願いいたします。

島袋
今回、内山さんはIRTVの金さんからご紹介いただきました。金さんありがとうございます!

ではさっそく、自己紹介をお願いいたします。

内山
内山でございます。みなさんこんにちは。
セールスロボティクスとい

もっとみる

額面以上の価値&打率の高い資金調達|M&A BANK Vol.190

計6億円調達、資本政策は計画どおり

島袋
田中さん、この番組の視聴者はベンチャー経営者の方が多くて、M&Aも検討されている方はもちろん、事業内容によっては資金調達を考えられている方もいらっしゃるので、今回は資金調達について教えていただきたいと思います。

田中さんは2018年5月に1回シードで6000万調達して、今年の1月にシリーズAで5.4億調達してますよね。
どういう風に戦略を描いて実行され

もっとみる

資金調達、VCからしなかった理由|M&A BANK Vol.189

「ないから、公開しよう」のノリ

島袋
フェイスブックでもバズっていた、マーケロボさんの資金調達について詳しく教えてもらえますか?

田中
あれは本当に、純粋に誰かのためというか、挑戦する起業家の役に立ったらいいなと思って公開しました。

上場したあとは決算書とかは公開されますし、調達する前のピッチのイベントは、動画でも上がったりしますよね。でも、いざ何千万とか何億と調達するフェーズの会社の事業計

もっとみる

話題の資料を公開した社長は、めちゃクレバー!|M&A BANK Vol.188

思わぬ共通点に意気投合しちゃいました

島袋
今日はですね、爽やかイケメン、Marketing-Robotics(マーケティング-ロボティクス)の田中社長に来ていただいています。よろしくお願い致します。

田中
とんでもないです、よろしくお願い致します。
今日はお呼びいただいてありがとうございます。チャンネル登録してます。

島袋
嬉しいな。
みんなチャンネル登録はしていても、いいねは決して押して

もっとみる

個人投資家の投資失敗談|M&A BANK プレミアム Vol.17

※ 動画はページ下部でご覧いただけます ※

海外で投資するときあるある

島袋
今回もプレミアム回ということで、公には言いにくいことをめちゃめちゃ深掘りさせていただきます。
まずは「気をつけろ」シリーズ。
投資にあたって、いろんな誘惑、罠、あやしい話があったと思うので、失敗談含めて、あくまで個人的な目線で「これは気をつけろ」みたいなのがあれば。

恵島
M&A、投資話でしたら、僕はやっぱりマレー

もっとみる

売却益がみるみる減る恐怖、なくす方法があった|M&A BANKプレミアムVol.16

※ 動画はページ下部でご覧いただけます ※

↓ 恵島さん 最初の記事 ↓

売った人全員が経験する恐怖

島袋
恵島さん、めちゃくちゃ勉強になります。

イグジットした経営者の人たちって、金額にもよりますが、だいたいがリタイアせずにまた事業をやって、事業を買ったりするんですよね。
僕自身そうなんですが、そのあと金銭的な問題があったんですよ。

売却益は入るけれども、結局僕はそれをつかって事業をや

もっとみる

連続起業家が生まれたきっかけ|M&A BANK Vol.185

このイグジットを考えたのはあの人だった

島袋
ファンドはそのスキームで売却するために作ったんですか?
恵島さんの中でファンドを作ってそうやろうと思いついたのか、どこかのファンドからそういう提案をもらったんですか?

恵島
それも、前回お話ししたLBOローンを組んでくれたコンサルの方が提案してくれたんです。その方がそのままGPに入って。

島袋
なるほど!深いっすね。

恵島
僕にはどういうイグジ

もっとみる

創業者が経営から完全に離れた理由|M&A BANK Vol.184

なぜ会社の経営から離れた?

島袋
今回も、M&A業界のイチロー、恵島さんに来ていただいています。

最近、全株一気に売却するのではなくて、ある一定数の株式を残して売却して、業績が伸びればアーンアウトで高いバリュエーションで売却する、というイグジット事例がちょくちょく出てきています。
恵島さんはそのやり方は検討しなかったんですか?

恵島
そうですね、イグジットで現金を得たかったというよりは、その

もっとみる