カンシャク玉

空に消えていった打ち上げ花火

君がいた夏は♪遠い夢の中♪

どうも、今日も燃えています。

夏ですね。
実家に一瞬だけ帰省していました。
人通り夏っぽい事をしてきました。

すいか割りして、お祭りいってあんずあめ買って、花火大会行って、友達だとずっと思っていた女の子が浴衣姿が可愛くて、告白して、実は向こうも俺の事好きだったんだけど、神社の石段に座ったらボロボロ泣き出して「どうしたの?」って聞いたら「実は私、、、、余命半年なの、

もっとみる

取材をブログにするについて

インタビューを受けていただいてる精神を持たなくてはならない。
先に相手へ僕から与えられるものを考えた結果がお恥ずかしいところだが、
これだったのである。
僕という存在を知っている方へ直接
「僕はこういうブログ活動を目指してます。そのシェアの力は今は弱いと思いますが、僕に出来る限りの宣伝・広告・求人情報のお手伝いをさせてください。」
と、取材をさせてもらえるようにアポイントを取らせてもらいます。

もっとみる

ミニマリストに憧れて

部屋を片付けようと思いました。
部屋がすっきりしたらきっとこっちの活動に専念できるんだと
きっとそうに違いないと。
本読むのもきっと部屋が綺麗だとはかどると。

で、始めました。

不要な服やもう使っていない物やと次々にごみ袋に放り込み
ベッドを解体し、
カーペットも剥がそう。
あれ?なんだ
4.5畳だと思っていた部屋がまさか6畳だったとは。
このままの勢いで畳からフローリングへと進化させてやろう

もっとみる

金が車に搾取されるはなし

所有していたオデッセイを売ってきました。
燃費はオデッセイの割にはいい方でL/10km弱

今年の納税額は51700円でした。

12月には車検を控えていて
現状エアコンは壊れている
車検見積もりも色々見比べた結果

とくに何も整備する所がなくても
15〜25万円ほどかかるとのことでした。

任意保険も見直してきました。
車両保険付きで年齢が26歳以上の条件適用され
月々8910円とのこと。
年間

もっとみる

起業を目指して初めての壁

今やろうとしている事

1.​Twitterでフォロワーを増やす
2.地元飲食ブログでアクセス数獲得
3.noteにて販売する予定のコンテンツ整理
4.家の所有物件の入居者獲得
5.負債を減らす為に所有してる車を売却手続き
6.自分に使える時間を増やす
7.参考著書を買い、買った本を読む
8.サウザーラジオタイムリーに追いつく
9.動画、画像編集技術を学ぶ
10.HTML勉強&アフィリエイト収入

もっとみる
随時更新していきますので、これからもよろしくお願いします。
5

前置き3~家業の話~

家族構成

簡単に説明したいと思う。
父、母、祖母(父の義理姉)、姉、兄、僕。
そんな家庭の末っ子で産まれた僕はとにかく末っ子だった。
そして記事によく登場するいとこは父の姉の家庭での長男であり、
僕とは13個も歳が離れているのである。
いとこに対しての因縁は幼き頃からたくさんあったが、
成長するにつれて自然と頼りがいのある人物となった。
彼を今では心から尊敬し、これから起業するにあたり彼からも評

もっとみる
随時更新していきますので、これからもよろしくお願いします。
3

コンテンツ作成の課題1改訂(5000文字)

はじめにのはじめに

これはいとこに出されたコンテンツを作るの課題である5000文字テキストにしろ。という課題1を書いた当時のドキュメントを引用し、少し訂正した文であります。初めて挑戦した5000文字テキストだったので誤字、脱字、文章法が悪く読みづらい等あると思います。企業に向けたコンテンツ第一弾の駄作ぶりも兼ねてご覧いただければと思います。

はじめに

筆者はこれまで他の大多数の人間にないであ

もっとみる

前置き2~人生の転機~(改訂版)

これまで、だらしない生活を送ってきた僕だが、26歳を迎える直前に
「これだ!」という転機が訪れたのである。
いつも通り午前中には起きるものの起きてからは少しスマホを眺める。
まだちょっと起きるには早いなぁと思いながら煙草を吸い、またスマホを眺める。

この日はGW明けでやっと休みだと昼前くらいまでダラダラと無駄に時間を過ごして不意に思い出した。

「そういえば、そろそろ車の税金だし、車のエアコンも

もっとみる

前置き1〜後悔ある若き人生へ〜

芸歴だけがすくすく育つそんな素人芸人を務めてます。

カンシャク玉のモトキと申します。

この度は企業活動の記録をnoteさんを使いどんな奴が書いているのかを知っていただければなと思い第一の記録として自己紹介に当てたいと思います。

素人芸人の活動の動機は相方の生死を彷徨う事故からなるものです。当時、鳶職という危険と隣合わせな職種で働いていた相方。僕も同じ会社に勤めていました。

話は少しさかのぼ

もっとみる