われわれは死ぬまで性欲とつきあわなくてはならないのか

オナニーがめんどくさい。

脳が『シコれ!シコれよ!!おい!おいおいおいおいおいおい!!!!!』っていう指令を出すからしょうがなくシコってあげてるけど、ズボンおろしてオカズさがしてトイレに紙を流しに行くって、もう何回やってんのよ。飽きたって。もういいだろって。こんなことあと50年も60年も続けなくてはならないのかと思うとしんどいよ。だれかはやくなんとかしてくれ。

もうイヤになっちゃうよね。もう1

もっとみる

『HUNTER✕HUNTER』のゴンが好きになれないのは

dアニで1話から見始めた『HUNTER✕HUNTER』アニメ版は、ついにキメラ=アント編の佳境に入った。

夫婦で「ゾルディック家、やってることが虐待では?」「レオリオめっちゃまともやん」「ゴンの父親は控えめに言ってクソやな」と言い合いながら見ているのだが、ある日、夫がこんなことを言いだした。

「俺、前からゴンが嫌いやったんやけど、こうやってアニメ見てたら理由がわかったわ」と。



夫はもと

もっとみる

当たり前のことが幸せと思うようになった

悟りを開いたのか知りませんが、最近は、寝ることができる、ご飯が食べれる、人と会って話す、みたいな本当に当たり前のことが幸せなんじゃないかなって思います。

大人ぶりたいとか、かっこつけたことを言いたいわけでもなく、ただ本当に、普段当たり前にできることが当たり前にできてよかったな、って。

自分は今まで3回うつになったことがあって、うつになるたびに「人生なんてどうでもいいから死にたい」って思ってまし

もっとみる

命の鼓動

ハンター=ハンターで、現時点で作中最強を誇るメルエムは、超人であった。並外れた頭脳、超人的能力、王としての威厳を兼ね備えたものだった。彼の強さをもって、暴力が彼を自由にした。
彼の命令を聞かない者はいない。しかし彼が敵わない者がいた。そして、彼女は、負けなかった。そして、失う者の強さに溢れていた。
メルエムは気づいた。自らの価値を外界に表現し、エネルギーを投げうつ時の、命の鼓動を。 
必要なのは、

もっとみる

修行シーンでは人気落ちがち

今までHUNTER×HUNTERを読んでいなかったくせに「漫画好き」をアピールしてきた人間のブログはこちらです。

そんなこんなでHUNTER×HUNTERの一巻を読んでみたのですが、面白すぎて震えました。一番驚いたのはテンポ感。仲間との出会いや旅立ちをかなりショートカットして書いているなぁという印象を受けました。後に丁寧に書いていくんでしょうが、ここに人気マンガの大切な部分が詰まっているように思

もっとみる

個性とは滲みでるもの、感性とは磨きあげるもの

まだ12-3年前の駆け出しデザイナーだった頃、僕はいかに自分の個性を出すのか、個性を活かすにはどうすればいいか?ということをよく考えていました。

でも、あれから数々の経験を経て、最近では個性はむしろ消すことがデザインの作法なのではないかと感じています。

そして、どれだけ消そうとしても滲み出てしまうものが本当の個性であり、出そうとして表面的に取り繕ったり奇をてらったりするのは、同じ個性でも非常に

もっとみる
明日の話は「飲食店における価格と情報の非対称性」の話。
91

amazonオリジナルビデオ190719

#amazon
#amazonprime
#amazonプライム
#amzonoriginal
#プライムジャパン
#すし
#寿司

はじめに2つお詫び
①翌朝に書いてます
②今回は映画でなく、アマゾンのオリジナル番組です

感想
前半30分はたまらなく面白い内容でしたが、後半30分は飽きて部屋の片づけしながら見たのであまり覚えてないです
番組構成
前半→ネタの仕入から職人が握って

もっとみる