クリスの物語Ⅳ #28 罠

『無事だったかい?』

 いつもののんきな調子で目の前に表示されたハーディは、ぼくの表情を見て何かを悟ったのか真剣な顔つきになった。

『大丈夫か?』
『うん。でも、すぐにどこかに迎えに来てもらえるかな?詳しいことは後で話すよ』
『わかった。今どこにいる?』

 ぼくは階段を下りた先の通りを走りながら、ホロロムルスの表示をぼくの視点に切り替えた。

『わかった。そうしたら、その先の二手に分かれる通

もっとみる

クリスの物語Ⅳ #27 教会の中

思った通り、その建物は教会だった。
 中では音楽が流れ、白装束を着込んだ人たちが前の方で聖歌を歌っている。
 室内はそれほど広くはなく、左右に長椅子が何列か並べられているだけだった。
 なぜか前半分は黒い鉄柵で仕切られていて、聖歌を歌っている人たちは、その鉄柵の向こう側にいる。
 どうやら、部外者は鉄柵の向こうには行けないようになっているみたいだ。

 入り口から中をのぞき込んで、隅から隅まで見渡

もっとみる

最近見た夢 ③ ~ 宇宙船に乗って…

先日、明け方頃に見た夢に…なんと私がヒプノセラピーを学ぶきっかけとなった、前世療法のパイオニアである、ブライアン・ワイス博士が登場した。

なにやら緊迫した空気の中、宇宙船の操縦席に隣り合わせに座り、星が瞬く宇宙空間を、今まで体感したことのない、超ハイスピードで移動していた。

まるで宇宙空間をワープするかように、物凄いスピードで、息もできないくらいの圧迫感がしばらく続いた。とにかく、圧倒的にリア

もっとみる

クリスの物語Ⅳ #26 真紅のカットソー

『女の先生って、まさか田川先生?』

 ぼくがそういったのと同時に、赤いカットソーの女性がちらっとこっちを振り返った。
 ぼくは慌てて顔を引っ込め、壁と一体になろうかというほど背中を壁に押し付けた。心臓はバクバクと脈打っている。

 気づかれただろうか?

 いや。ぼくはベベにしか思念を飛ばしていないから、まさかぼくの思念が届いたなんてことはきっとない。振り返ったのは、たぶん偶然だ。
 それにもし

もっとみる

クリスの物語Ⅳ #25 追跡

「こんなにたくさん買い物したの、生まれて初めて」

 両腕にいっぱいショップバッグを提げた沙奈ちゃんが、声を弾ませた。満面の笑みを浮かべ、見るからに幸せそうだ。
 金髪にサングラスをかけた沙奈ちゃんは、どこからどうみても外国人の女の子だった。

「本当」

 笑顔でうなずき返した桜井さんも、両手はショップバッグでふさがれている。そんな桜井さんは、髪も眉も赤茶色に染められていた。

 ぼくたちは美容

もっとみる

クリスの物語Ⅳ #24 初日の予定

翌朝、目を覚ましたのは6時少し前だった。

 おしっこをしたいというベベを抱いて、トイレに向かった。
 ベベと喋れるようになってからトイレで用が足せるようにしつけていたから、トイレシートがなくても問題ない。
 もちろんひとりではできないから、ぼくが抱えておく必要がある。こういうとき、ポルタールがあると本当に便利だ。

 ベベのおしりをトイレットペーパーで拭いてから、ぼくも用を足してリビングへ向かっ

もっとみる

クリスの物語Ⅳ #23 ローマに到着

ローマの空港に到着した時刻は、現地時間で午後7時半だった。予定より30分も早い。
 いつの間に調整されたのか、腕時計の針は現地時間を示していた。
 夜7時を回っているというのに、窓の外は昼間のように明るい。
 
 それにしても、眠気がもう限界だった。考えてみれば、日本時間でいったら今は夜中の2時半だ。いつもならとっくに夢の中にいる。
 眠っていいとはいわれたもののみんな起きていたし、なんとなく眠ら

もっとみる

クリスの物語Ⅳ #22 ハーディの使命

その後ぼくたちは夕食を取り、到着してからの簡単な説明を受けた。といっても、現地に到着してからは闇の勢力の本部を張り込みするだけで、具体的な計画はまだ立っていなかった。
 とにかく出入りする人物をマークし、まずは様子見をするということだ。それから隙を見て侵入し、クリスタルエレメントを奪い返す。
 警戒態勢にあるだろうから十分注意する必要はあるが、闇の勢力もクリスタルエレメントをすり替えたことがばれて

もっとみる

クリスの物語Ⅳ #21 ホロロムルスの機能

それからぼくたちは、ひとり用の座席に移ってそれぞれカンターメルを試した。
 もちろん飛行機の中だから危険なカンターメルは唱えないように釘を刺されたし、ぼくたちだってそんなのを試すつもりはない。

 カンターメルはホロロムルスで調べることができた。
 マーティスによれば、ほとんどすべてのカンターメルがホロロムルスに載っているということだ。

 マッサージチェアのように大きな座席は、背もたれを倒せばゆ

もっとみる