中山間地域

(2)私たちに、「未来」をください。

ここまでのお話は⇒こちら

さて、2030年をめぐって世界中に広がった「スクールストライキ」、子どもたちは、いったい何を求めて立ち上がったのでしょうか?

その訴えは、「私たちに「未来」をください」というものです。

「地球温暖化」については、みなさんもご存じのことと思いますが、科学者の方々は、それが危機的な状況であることについて警鐘を鳴らしつづけています。

「気候危機」の状況においても、大人は

もっとみる

山の中で活動するうえでの自虐コミュニケーション‥でも実はちょっと傷ついてる話。

くらしアトリエが活動しているのは、島根県雲南市大東町畑鵯、というところです。

中山間地域の多い島根の中でも、「山」感が多い雲南の、しかもとびっきりの山の中にあるため(その割に松江市から30分で来れたりするのですが)、地元雲南市の方であっても、「畑鵯(はたひよどり)」という地域に足を踏み入れたことがない、という方がほとんどです。

スーパーもコンビニも、最寄までは15分以上かかるような場所です。

もっとみる

MOKKE- インタビュー#3

Q.根尾に移住した理由はなんですか?

岐阜市で生まれ、岐阜市育ち、岐阜県以外で住んだことはありませんでした。お婆ちゃんにくっついて育ったこともあり家族を持ったらいつかは田舎で子育てをしたいと小さい頃から思っていました。田舎に戻るというか昔ながらの生活がしたいなと思っていました。家族全員がゆっくりと過ごせるような大きめの家を頭に浮かべながら、市の政策だったり子育てに特化しているのかということを調べ

もっとみる

MOKKE- インタビュー#2

Q. 根尾に移住する前の話を聞かせてください。

京都の左京区の自然豊かな岩倉というところで古い家を借り、市内で小商いを営んでいました。小商いを始めたきっかけは大学時代に徳島県の上勝町をゼミの研究で訪れ「これからのコミュニティ」や「働き方」に興味を持っていたこともあります。起業家精神や自分の自由を獲得するという強いモチベーションで始めたのではなく、ネクタイを締めてビルの中で仕事をし、誰かの作った会

もっとみる

MOKKE- インタビュー#1

移住した要因はいくつかあります、一つはそもそもIAMASに在学していた時に奥さんに出会って、奥さんの祖父母の家が根尾にあったことです。奥さんの実家が空き家になっており、その空き家が結構ボロボロだったんですけど、これで良いと思いました。住める家が根尾にあるのは、とてもポジティブなことでした。二つ目は、東京時代に仕事で大変な時期があり、もはや東京ですごい売り上げを上げて、お金使って暮らし続けることと異

もっとみる

カワニピのこと 「人と自然が調和した社会」

カワニピは、すごい。

   カワニピは、「林業女子」だ。明日から社会人2年目。「人と自然が調和した社会がつくりたい」って出会った頃から言ってる。

   カワニピは大学時代からバイオマス研究会とか、里山管理研究会とか、ずっと頑張ってた。実はあんまりよくわかんない。だから、いままでカワニピにインタビューしたことを書きますな。

   カワニピが今「人と自然が調和した社会」をつくるために、キーワード

もっとみる

【中山間地域の日照について】

私の住む大日向という地区は、千曲川の支流である抜井川(ぬくいがわ)沿いに拓かれた集落で、上流から順に1区〜5区に分かれています。

上流にいくほどに山は迫り平地は減っていきます。

都会の場合は近隣に高い建物が有るか無いかで日照に影響があるけど、中山間地域の日照は山の影に隠れるかどうかでその影響が大なので、

同じ大日向でも、1区〜5区、またその中でもさらに国道の北側か南側かとか、山との位置関係と

もっとみる

7月のゲキ録!地域おこし会

地域おこしOG・OBによるオンラインサロン「ゲキ録!地域おこし会」では、月に1度テーマを設定し全国各地の会員有志によるディスカッションが開かれています。

7月のテーマは「地域おこし協力隊の活動費ってどうなってるの!?」

任期中の資産運用や、行政予算の性質を知って上手に使っていくテクニックなどを話し合います。

後半は地域おこし協力隊関係者(匿名)からお手紙のコーナー。何が読まれるかはメインパー

もっとみる

7月のおたより

ゲキ録!地域おこし会

00:00 | 00:30

地域おこしOG・OBによるオンラインサロン「ゲキ録!地域おこし会」では、月に1度テーマを設定し全国各地の会員有志によるディスカッションが開かれています。
「地域おこし協力隊の活動費ってどうなってるの!?」をメインテーマに話した7月の様子はこちら>>https://note.mu/gekiroku/n/n5b03ae16d829
 
そして後半は地域おこし関係者(匿名)からのお便りにこたえるコーナー

もっとみる

地域おこしOG・OBによるオンラインサロン「ゲキ録!地域おこし会」では、月に1度テーマを設定し全国各地の会員有志によるディスカッションが開かれています。
また、後半には地域おこし関係者(匿名)からのお便りにこたえるコーナーもあります。

7月のテーマは「地域おこし協力隊の活動費ってどうなってるの!?」

任期中の資産運用や、行政予算お性質を知って上手に使っていくテクニックなどを話し合います。