僕らが自由に生きるためのシンプルなメソッド

クリックして詳細をご覧ください:https://pin.it/vhtgfyziirxsvk

DAISOさんから販売して貰えたら嬉しいかも♡
傘の周りだけ簡単にくっつけるタイプがいいな♪
宜しくお願いします(∩ˊᵕˋ∩)・*

口に出す

なんてことないことなんだけど、

思ったことをポンと口に出せたらすごく元気になった。

昨日はうまいこと出せなくて、

それで今日、めっためたに凹んでたのにな😂😂

 

口に出すって大事だ。

もっとみる

神経伝達物質

私たちの身体には様々な神経がありとあらゆるところに、そう身体の隅々まで神経が通っている。

その神経を伝達させるのが体性神経系である。

体性神経は、中枢神経系(脳)から脊柱へと伝わり身体の隅々まで行き渡る。行き渡るときに微粒な電流が流れて身体は動かすことができる。

今までは中枢神経系(脳)からしか身体を動かすことはできないと言われてきたのだが、最近の研究で明らかになったのは体性神経

もっとみる

感情をコントロールする筋トレ術−ストレスを与えてストレスを取る圧倒的な技術−

まえがき

あなたは感情をコントロールすることができていますか?「怒り」「不安」「ストレス」この3つはあなたの感情を強烈に刺激する素となるものだ。

この3つに対してあなたはどのような考え方をお持ちだろうか。私はこの3つさえコントロールできれば「人生はうまくいく」と確信している。

私は世界初の心療内科精神科トレーナーとして活動している為、これまで様々な症状を抱えた方をみてきた。その中でも

もっとみる

体験でカウンセリングが短いのはダメトレーナー 駒込エリムガーデン代表トレーナー

こんばんは。比嘉です

私はクライアントのプログラムを組む際に1番気をつけていることがある。

それがカウンセリング。

初回のクライアントには30分以上を要することもあるくらいだ。

なぜなら、【明確な答えを見つけたいから】だ。

このカウンセリングがテキトーになってるトレーナーはダメトレーナーなんで選ばないほうがいい。

絶対に結果が出ないから。笑

と、いうことで動画を撮った。

健康とファイナンス

ここまで読んでくれてありがとう。

あなたが思っていた「筋トレ」のイメージががらりと変わったんではないかな。

はっきり言ってこの筋トレ(HSTメソッド)は敷居が高いものでもなんでもない。

なんとなく始められて、週に一回以上継続すると3ヶ月から6ヶ月後には劇的に体は進化している。

よく言われるのは「疲れにくくなった」「肩こり、首こりがなくなった」「姿勢がよくなった」「健康になった」「絶好調にな

もっとみる

第4章 HSTメソッドの特徴③

ここまで第1章で心療内科受診者の数と現代人の疲れ。第2章で普通の筋トレがダメダメな理由。第3章で美ボディ=健康ではない。とまぁ基本的には疲れの原因から通常の筋トレでは改善できない。ということまで書き綴ってきた。

そこで本書のメインテーマである疲労が取れ絶好調になれる唯一無二の筋トレについて。そう、HSTメソッドについて書いていく。

3.可動域

まず可動域とは関節可動域のことをいう。

ひと

もっとみる

第4章 HSTメソッドの特徴②

ここまで第1章で心療内科受診者の数と現代人の疲れ。第2章で普通の筋トレがダメダメな理由。第3章で美ボディ=健康ではない。とまぁ基本的には疲れの原因から通常の筋トレでは改善できない。ということまで書き綴ってきた。

そこで本書のメインテーマである疲労が取れ絶好調になれる唯一無二の筋トレについて。そう、HSTメソッドについて書いていく。

2.緩めるトレーニング

ここまでも何度も述べてき

もっとみる

第4章 HSTメソッドの特徴

ここまで第1章で心療内科受診者の数と現代人の疲れ。第2章で普通の筋トレがダメダメな理由。第3章で美ボディ=健康ではない。

と、基本的には疲れの原因から通常の筋トレでは改善できない。ということまで書き綴ってきた。

そこで本書のメインテーマである「疲労が取れ絶好調になれる唯一無二の筋トレについて」

そう、もうおわかりだろうか。
この章ではHSTメソッドについて書いていく。

1.脱力

あな

もっとみる

第3章 美ボディ=健康ではない②

3.同じものを食べ続けるデメリット 

人類の歴史、新人類ホモ・サピエンスの私たち祖先を遡っていくと約20万年前にいきつくと言われている。

太古の昔ではあるが私たちの体が特に変わったわけではない。

私たちと同じように寝食をし、必要なカロリーを摂取して生きながらえてきた。

その時は今のようにカロリー比を考える余裕なんてなかったから「食べれそうなものは食べる」生活で日々暮らしていた。

つまり、

もっとみる