1年ドイツでプレーして気づいた日本との環境の違い。

私は昨年7月の末にドイツに渡り、ドイツでのサッカーを始めた。ドイツのサッカーリーグは8月スタートの5月終わりであるため、私は1シーズンを丸々ドイツでプレーした。

さらにいえば私の所属しているチームは、7部ではあったが、シーズンを通して常にリーグの上位に立ち優勝争いをしていた。そしてリーグ戦終了後には入れ替え戦に勝利し6部昇格を果たした。私はその試合で昇格を決める決勝ゴールを決めることができた。

もっとみる

ただの日記やわこれ。

信頼はできるけどそんなに仲いいわけではない。

尊敬はしているけどああなりたいとは思わない。

そんな、ある意味今シーズンの相方でもある弊部の主務H君が自分のカテゴリで話すときに私のnote投稿をかなり悪意ある感じでいじってくれているようです。でも怖いから何も言えません。

「難しいことを難しく言うやつ、あれバカだよね」

これはタモリさんの言葉です。

ところで某バラエティ番組のトークで聞いたこ

もっとみる

早慶クラシコ2019を終えて

早慶クラシコ2019オフィシャルプログラムの部員紹介ページ内の他己紹介欄で、某部員からこのように書かれました。

また最近ではnoteをよく更新している。試合中にスタンドを駆け回る姿は勿論、早慶戦の翌日に更新されるnoteにも注目してほしい!

なので書きます(笑)
早慶クラシコ翌日じゃないけど。

2019年7月12日(金)、等々力競技場。
朝から降り続いていた雨も試合前には止み、天は我々に味方

もっとみる

集中応援迫る。

今日は、自分の所属する順天堂大学男子蹴球部の一大イベント

集中応援

の告知をさせていただきます。

さっそくポスター(かっこいいですね)を大きく貼らせていただきましたが、

そもそも集中応援とはなんなのか。
とたくさんの方が思うでしょう。

これには大学サッカーの現状を少し知っていただかないといけないので

簡単に説明します。

2本立てです。(少なっ笑)

・大学サッカーの現状
・集中応

もっとみる

目標があるんです。

長いです。やたら長いです。時間あるときにどうぞ。

こんちゃ、また会いましたね(初めましての人は初めまして)

わざわざ、こんな私のnoteを見に来ていただいてありがとうございます。暇なんですね。

さておき、初めてのnoteを書いてから数日が経ちました。前回のnoteでは、やたらと格好つけました。が、単発で終わってしまうのはダサいので、今回はスパッと短いスパンで、ふわっと書き始めます。そのほうが

もっとみる

スポーツの仕事とスポーツじゃない仕事について思うこと

わかる。言いたいことはとても。

でも、「スポーツの仕事」と「スポーツじゃない仕事」の違いって何なんでしょう。

(私はそれを自らの心で感じるために「スポーツじゃない仕事」に触れる必要があるのかな...とも今ふと思ってしまった。)

「スポーツの仕事」の課題感って、新卒採用しても「スポーツじゃない仕事」のように育成ができる環境がないことだと思う。

お金がない→給料が低い→労働時間が長い→割に合わ

もっとみる

Iリーグ第5節:筑波大学U-22Bvs慶應義塾大学U-22C / PRESS ROOM #20190706

このマガジンについてはこちら!

2019/07/06 16:00 @筑波大学セキショウフィールド
Iリーグ第5節vs慶應義塾大学U-22C

0-4(0-2, 0-2)
得点経過:
1分 慶應義塾大学U-22C 36番
31分 慶應義塾大学U-22C 37番
66分 慶應義塾大学U-22C 49番
88分 慶應義塾大学U-22C 18番

・・・

板谷隼ヘッドコーチ 総括コメント

お疲れ様で

もっとみる

「トリニクってなんの肉」とサッカー

みなさん初めまして。

SenGeNです。

初投稿なので軽く自己紹介をしていきたいと思います。

職業:学生(九州の国立大学在籍 サッカー部所属)

ポジション:GK

資格:JFA公認C級コーチ

こんな感じですね。晒せる情報は笑

ちなみに、私が所属しているサッカー部は、あまり強い部活動ではありません。そこで、今回は我らがサッカー部が強くない理由についての個人的な見解を「トリニクって何の肉」

もっとみる

発信します。初めまして。

思い立ったが吉日ってやつです。

早速ですが、noteを始めてみました。なぜnoteを始めたのか??それなりにいくつか理由はありますが、最終的には、勢いとやる気と勇気が出たからです。細かいことは次の機会にでもお話できればいいと思っています。

そんなことはさておき、今回始めての発信ということで、自己紹介と共に、これから先どんなnoteにしていくのか?方向性は?どんなこと書くん?なんてことを、ろくな

もっとみる

サッカーからの自立 ⑥大学サッカーとは

ここまでも書いてきたようにサッカーというものが、人を幸せにすることを持ってさらなる価値を持つということを望んでいます。

思考整理の目的も兼ねたこのnoteというツールですが、サッカーからの自立に則って考えていくうちに、今の自分のフィールドである大学サッカーに大きな可能性を感じました。

これは私的な感覚なので正解では無いと思いますが、あくまで個人的な見解としてみていただけると助かります。(という

もっとみる