女に生まれてモヤってる

『女に生まれてモヤってる!』 中野信子、ジェーン・スー

女に生まれたから」というより、私は「空気を読まなければならない日本に生まれたから」「細かいことを気にする私に生まれたから」モヤってるという気持ちが強い。中高女子校で、女しかいない世界でも別に楽しかったわけではないし。でも私の好きなジェーン・スーさんの本だし、と読んでみたこの本。これは先達によるラブレターのような本だった。

コラムニストのジェーン・スーさんと脳学者の中野信子さんによる対談。ジェーン

もっとみる
きゃーやったー!!
4

「料理作る?」と聞かれる女-「嫁の料理どう?」と聞かれる男。スーさんのおかげでモヤモヤが晴れた話

このnoteで声を大にして言いたいことは、ただ1つだけ。

『女に生まれてモヤってる!』、良書! 

-----

出版社所属の雇われ編集者だった頃の話。29歳で結婚したものの、別に夫の家に「嫁いだ」つもりはないし、夫を一方的にサポートするために一緒になったわけでもない。

「2人とも働き盛りなんだから、今働かなくてどうする? 思いっきり働けばいい」と思って仕事ばかりしていた。家事は9割こちら負担

もっとみる